スロープの家(愛犬・愛猫家住宅)はコミニュケーションの場所づくり@前田敦

スロープの家の特徴である傾斜部分にはいろんな工夫があります。

写真のスロープとスロープ手摺壁は愛犬と愛猫の動線を立体分離するための装置です。
愛猫はその長い傾斜手摺壁の特定の場所がお気に入りの場所があるようです。
その場所が何処かと言いますと

ちょうど飼い主さんとの目線を合わせることができる場所なのです。

つまり、コミニケーションの基本である目線を合わせるポイントは、私が愛犬・愛猫と快適に暮らす家の設計において最も力点を置いているところです。

巷に愛犬・愛猫と暮らす家についての書籍が多数ありますが、ほとんどがこのコミュニケーションを取りやすい場所について言及していません。
しかし、人と人、人と愛犬・愛猫が快適に暮らす中で最も大切なことは、このコミュニケーションの場所づくりなのです。

 

斜路に対して、水平に横長の窓を配置すると、個体差のある体長に合わせて目線をアジャストすることのできる窓になります。
外を見ることが愛猫にとってとても重要な行為なので、大切な思いやりデザインです。

 

WEB紹介記事
・スロープの家・卍/Houzzツアー
・スロープの家・卍/fomifyドイツ
・スロープの家・SPAIRAL COURT/RENONAVI
・スロープの家・SPAIRAL COURT/fomify日本
・愛犬・愛猫と暮らす家/建築家紹介センター

BLOG:愛犬・愛猫と快適に暮らす/建築家:前田敦

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...