賃貸住宅の特別内装工事仕上げ耐熱強化ガラスコンクリート打放し補修暖炉

外装が概ね完了し、内装工事へと移行して来ました。軽鉄下地にボードが貼られてゆき、いよいよ部屋内部のボリュームが明確に掴める様になってきます。

3D160226_1

コンクリート躯体では広々としていた空間が小割りになってゆき、リビングなどの大きな空間と水廻りなどの小さなスケールを持った空間のメリハリが感じられるようになって来ました。図面や模型、CGなどであらかじめ想像をしながら設計はするのですが、いざその空間に立ち、身体で感じる事によって初めて判る事は多々あります。その予測のつかない様々な事が、設計の楽しさでもあります。

3D160226_2

今回は、お施主様のご意向で、各住戸にガス暖炉を設けております。窓際に設置されたガス暖炉と飾り棚の仕上も進んで来ました。

3D160226_3

両サイドのガラスは前面道路からの延焼を受ける範囲に掛かっているため、防火上の対応が必要になります。室内からの視界を若干妨げる網入りガラスではなく、耐熱強化ガラスを採用しています。サッシの中に隠れてしまう、ガラスエッジ部分の金属カバーが確認できます。

3D160226_4

共用部周りの仕上も順次選定を進めてゆきます。床タイルの候補品とそれに取合う目地の色味を確認しています。床タイルに取合う壁は、杉板本実型枠によるコンクリート打放しです。木目が奇麗に転写されていますが、さらに職人さんが極細の筆で木目を描き足しながら補修を掛けてゆきます。

3D160226_5

 

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...