趣味の観葉植物カポックを育てて緑を楽しむ注文住宅吹抜けリビング

住まいづくりで大切な事は沢山ありますが、
読書、音楽、小物づくりなど、
住まいの中に趣味を楽しめる場所があると嬉しい。

本日は最終回?「観葉植物」のお話です。
住まいの中に、観葉植物があるといいなあ
と考える方は意外と多く、そして
特に趣味と言うほど大袈裟にかまえず、
楽しんでいる方も多いのでは。

観葉植物01

例えば、10年前に設計した個人住宅「山見の家」。
機会あって遊びに伺ったところ、
高い天井の吹抜け上部から、太陽の光が差し込む中、
すくすく育った観葉植物(カポック)が出迎えて
くれました。部屋のどこにいても緑を感じ、
緑に見守られているような感じもあります。笑
そしてランチタイム。
まるで、公園で日向ぼっこするように過ごし、
美味しいお昼ご飯を、ご馳走になりました。
ありがとう!

観葉植物02

数年前に、TV番組「渡辺篤史の建もの探訪」で
ご紹介頂いた際の記録から、改めて、
カポックの葉張(樹全体の大きさ)が
随分大きくなったことを実感します。

「観葉植物」を育て見守っているようで、
実は、植物に家族は見守られているのかも。笑
植物の元気とご家族の元気。
今後も一緒に年を重ねられたら、嬉しいですね。

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

観葉植物03

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...