注文住宅住まいのビルトインガレージに趣味のシーカヤックを収納

住まいづくりで大切な事は沢山ありますが、
読書、音楽、小物づくりなど、
住まいの中に趣味を楽しめる場所があると嬉しい。

本日は「カヤック」を楽しむ方の住まいで実現した
ちょっとした工夫をお話したいと思います。

ウォータースポーツで扱うウエアや道具など、
出掛ける前の準備からはじまり、
外から持ち帰ったものを、洗ったり乾燥させたり
快適に扱える家であったなら、遊びの楽しさも
きっと倍増するに違いありません。

カヤック01

例えば、以前に設計した個人住宅「ながらの家」。
限られた住まい規模の中で、施主ご主人が
シーカヤックを楽しむための空間として、
ビルトインガレージを採用しています。

基本的には自家用車の駐車スペースですが、
壁に、金属製の腕木を使ってコンパクトに
カヤックを収納。カヤック本体に傷がつかないよう
壁面を木製仕上げにしました。車を寄せる事で、
天候に左右されない洗浄や、修理作業が出来る
スペースの寸法も、意識した空間です。

一方、ビルトインガレージにはご主人の居室が
面しているので特に整備道具の行き来が効率的です。
また、部屋からカヤックが眺められる安心感も
魅力になっています。
ちょっとしたことですが、壁面素材や
部屋とガレージの位置関係にも拘りたい。
カヤックに限らず、
丁寧なビルトインガレージは、趣味の幅を広げる
ヒントになるかもしれません。

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

カヤック02

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)8/23 松原のスパイラルハウス @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「松原のスパイラルハウス」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。     私鉄線路脇の敷地。 ふとした瞬間にそこにある電車の往来の光景を、 光と音による「スピード(=今この瞬間の時間)」のスペクタクルとしてポジティブに捉えて、 そのエネルギーを「位置エネルギー」として住宅内に保存すべく、空間構成をスタディした。 自然光が射す明る...