年の瀬もおしせまり_6 石川利治

今年は明確な仕事納めがないまま、今日に到ってしまいました。あれこれとやるべき事は際限なくあるので、適宜、区切りを付ける事にしました。
毎年、やらなければ・・・と思いつつ先延ばしにしていたカタログ整理を今年は一念発起して行う事にしました。最近は、電子カタログも増えてきたので、ペーパーレスの流れは確実に進んでいるのですが、やはり目的のページに辿り着けるスピード感は、紙ベースのカタログには、まだまだ及ばない様な気がします。特に、ページ数の多い、厚いカタログにその傾向を強く感じます。これは、パラパラとめくっているコンマ何秒かの間に、目的のページを見つける事ができたり、本の厚みの中の2/3くらいの場所に納まっているのかな・・・とかを直感的に掴む事ができたり、この辺りのアナログな感じが、紙ベースのカタログを手放せない要因でしょうか・・・。
とは云うものの、いくらカタログの入れ替えをしても、どうしても全体量は増えていってしまい、その他にも大量にある書類や書籍、さらに場所を取る模型など・・・なかなか捨てられない性格も災いして、どんどんものが溢れてゆくのが悩ましいかぎりです・・・。

3D_121230[1]

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

著者情報

石川 利治石川 利治

石川 利治 いしかわ としはる

3*D空間創考舎一級建築士事務所

お客様にとって「快適で上質な空間」をお話をしながら、 きめ細かく建築に盛り込みます。コミュニケーションを大切にし、 技術力と感性の統合を行い、最適なご提案を致します。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)8/23 松原のスパイラルハウス @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「松原のスパイラルハウス」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。     私鉄線路脇の敷地。 ふとした瞬間にそこにある電車の往来の光景を、 光と音による「スピード(=今この瞬間の時間)」のスペクタクルとしてポジティブに捉えて、 そのエネルギーを「位置エネルギー」として住宅内に保存すべく、空間構成をスタディした。 自然光が射す明る...