年の瀬もおしせまり_6 石川利治

今年は明確な仕事納めがないまま、今日に到ってしまいました。あれこれとやるべき事は際限なくあるので、適宜、区切りを付ける事にしました。
毎年、やらなければ・・・と思いつつ先延ばしにしていたカタログ整理を今年は一念発起して行う事にしました。最近は、電子カタログも増えてきたので、ペーパーレスの流れは確実に進んでいるのですが、やはり目的のページに辿り着けるスピード感は、紙ベースのカタログには、まだまだ及ばない様な気がします。特に、ページ数の多い、厚いカタログにその傾向を強く感じます。これは、パラパラとめくっているコンマ何秒かの間に、目的のページを見つける事ができたり、本の厚みの中の2/3くらいの場所に納まっているのかな・・・とかを直感的に掴む事ができたり、この辺りのアナログな感じが、紙ベースのカタログを手放せない要因でしょうか・・・。
とは云うものの、いくらカタログの入れ替えをしても、どうしても全体量は増えていってしまい、その他にも大量にある書類や書籍、さらに場所を取る模型など・・・なかなか捨てられない性格も災いして、どんどんものが溢れてゆくのが悩ましいかぎりです・・・。

3D_121230[1]

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

著者情報

石川 利治石川 利治

石川 利治 いしかわ としはる

3*D空間創考舎一級建築士事務所

お客様にとって「快適で上質な空間」をお話をしながら、 きめ細かく建築に盛り込みます。コミュニケーションを大切にし、 技術力と感性の統合を行い、最適なご提案を致します。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...