別荘を考える@たなべけいいち

最近お手伝いすることが多いのが、別荘です。

別荘を建てる敷地は、環境や眺望が良い山の住まいや海が望める環境で、建てる目的も都心で暮らされている方が、週末こどもと遊ぶためであったり、都会とは違う環境に身おおきリフレッシュする目的であったり、好きなゴルフ場に近森に第2の拠点を構えたりと 目的はいろいろです。

別荘をお手伝いするときいつも考えるのは、普段の生活環境とは異なり、非日常的な体験ができる空間であったり、利便性は求めなかったり、敷地を取り巻く環境をプランに熟慮します。

現在工事中の横須賀の別荘では、クライアントがこの敷地を選んだポイントを生かし、一望できる相模湾から箱根/富士の景色を、ガレージを含む全室からいつでも体感できるようにしました。

そのため、この住まいでは大きなテーブルに組み込まれた小さなキッチンしかなく、浴室も眺望にひらけたシャワーとバスタブ、眺望に対して雛壇状に構成した家族寝室などで構成し、リビングスペースには同じ広さのテラスを同じ床材で計画して、眺望と人をつなぐ装置としました。

別荘の計画は、「住まい」つくりとは違う視点で考えられるためいつも新たな気分で望めます。もし、皆さんが「別荘」を検討されているならば、そこでの過ごし方に何を求めるか、よくイメージして建築家にリクエストされてください。きっと特別な別荘「セカンドハウス」が得られるでしょう。

横須賀の別荘は年末には竣工ですので、またご報告します。

>>田邉 恵一/株式会社田辺計画工房 建築家31会のページ
>>株式会社田辺計画工房のHP

著者情報

田邉 恵一田邉 恵一

田邉 恵一 たなべ けいいち

株式会社田辺計画工房

「家」を建てるという事は、ライフスタイルに必要な「場」を、敷地や環境の中で洗練された心地よい「建築」にしていく事です。 そのためには、どのように「家」で過ごしたいかをイメージされる事です。

− 最新イベント情報 −

築15年を経過した「自然素材を使った木の家」見学会のお知らせ 11/21 @小泉拓也+栗原守

自然素材を使った木の家は手入れが大変そう、何年かすると傷や汚れでいっぱいになりそう、シミがついたり割れたりしていそう…..。自然素材の木の家にしたいけどそんなことが気になっている方に見て欲しい見学会のお知らせです。 築15年を経過した「自然素材を使った木の家」の見学会を11月21日(土)に開催します。2005年7月に竣工した「喜多見エコハウス」(自邸)です。15年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともにどのように変化しているか、珪藻土や月桃紙などが15年を経過してど...