浸水に対する対策4 @菰田真志+菰田晶

今週のリレーブログを担当しています菰田建築設計事務所の菰田真志(こもだまさし)です。
今回は浸水対策について書いています。
今日が最終日になります。

大きな対策に対しては前回までに書きましたが、外構のアプローチに関してはまだでした。
これはこの家に限ったことではないのですが、普段から玄関までのアプローチに関してはできるだけゆったりとした段差解消をしたいと思って設計しています。

最近は長期優良住宅などの基準に合わせるために基礎が高い住宅が多く見受けられますが、玄関までのアプローチがきつい階段だったり、玄関扉を開けたら階段から落ちそうだったりと、たとえ内部がバリアフリーになっていてもアプローチがまったく気にされていない家がよく見受けられます。ちょっとした設計上の気遣いで随分変わるものなので、長いあいだ住む住宅だからこそ玄関周りの配慮は必要だと考えています。

今回は浸水対策でどうしても玄関土間までの高さがあるので階段の段数が増えてしまいましたが、それでも可能な限り登りやすいように考えました。

外観

アプローチ

玄関夜景

また、家の顔ですので植栽も量は少しですが計画しています。
植栽をしているときに立ち会いましたが、有るのと無いのでは控えめに言って雰囲気3割アップ!と感じるくらい雰囲気が変わります。

桜区の家

地震に関しては皆さんの意識が非常に高いですが、自然災害は近年に経験がないと後回しになりがちです。災害は無いに越したことはないですが、想定できるものに関しては考慮しておくというのも必要だと思います。どこまでやるのかと言うのは非常に難しい判断ですが、そこで考えたことは必ず役に立つはずです。

家を建てる時だけではなく、普段の生活のなかでの対策も含め一度見直して見てはいかがでしょうか。

今週のリレーブログはこれで終わります。
ありがとうございました。

(有)菰田建築設計事務所
菰田真志 + 菰田晶
http://www.archi-komo.co.jp/

以下今回話に出てきました 桜区の家 の写真です。

リビング

二階吹抜

読書スペース

外観夜景

著者情報

菰田 真志 + 菰田 晶菰田 真志 + 菰田 晶

菰田 真志 + 菰田 晶 こもだまさし こもだあき

有限会社 菰田建築設計事務所

毎日を心地よく機能的に暮らせる建物。 街に調和しながら趣のある建物。 思わずニンマリ微笑んでしまう建物。 わくわくする建物。 そんな建物を生活スタイルや価値観を伺いながらひとつひとつ創ってゆきます。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)8/23 松原のスパイラルハウス @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「松原のスパイラルハウス」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。     私鉄線路脇の敷地。 ふとした瞬間にそこにある電車の往来の光景を、 光と音による「スピード(=今この瞬間の時間)」のスペクタクルとしてポジティブに捉えて、 そのエネルギーを「位置エネルギー」として住宅内に保存すべく、空間構成をスタディした。 自然光が射す明る...