注文住宅なら既製品材料部品がなくても特注製作品でつくる

今週の「ばとろぐ」を担当する菰田建築設計事務所の菰田晶+菰田真志です。
ふたりの視線、男女の視線、親の視線を通して住まいの器である住宅について考え、
設計しています。

今回は家のとある部分に注目して紹介したいと思います。
日常生活でこんなものが欲しいな~という時、どうしますか?
お店で探す?インターネットで探す?カタログをパラパラとめくって?
家づくりでも同様ですが、思い描いたものが見つからない時は、つくればいいのです!
既成品を組み立てるのでは、自分にピッタリとくる家をつくることはできません。

きっと特注で製作すると高いのでは…と思われると思います。
でも材料と作り方によってはそれほどでもないのです。

家づくり、1品1品つくるものの中で意外と色々できるのは、鉄の製作ものかも知れません。
勿論既成品もあるのですが、結局は1つ1つつくっている物ですし
やっぱり機能的・デザイン的にも…こうしたい、ああしたいと思うところが多いのです。

次回より、そんなものの紹介をしていきたいと思います。

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

「造作」関連解説記事

菰田真志+菰田晶  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...