住まいの可動家具「畳台」@古川達也

「住まいの可動家具」
一度据えたら、ほとんど動かさない重厚な家具の
魅力もありますが、
融通がきくのは動かせる「可動家具」。
限られた空間の利活用を手助けし、さらに
暮らしの幅も拡がるのではないかと思っています。

本日は、住まいの可動家具実例
「畳台」。
発想のもとは、銭湯にあった畳ベンチでした。
あまりに心地よく、こういうモノが住まいに
あったらいいなあ~ということになりました。

sentakuyasannoie_07

以前に設計した【洗たく屋さんの家】
居間の中心に、畳敷きの移動できる台を計画。
3畳大で高さ40センチ。大人2人いれば、移動させ
部屋の中で位置を変えることも可能です。
下部は、キャスターの付いた可動収納で、
使いたい座布団や枕も、即出し入れ可能!

sentakuyasannoie_09

ダイニングチェアの一部となる柔らかな畳。
お酒で酔ったらそのままゴロ寝。
座ってよし、寝転んでよし、
様々な格好や行為を受け入れます。

sentakuyasannoie_10

大人数が集まる際は、台の上にクロスを広げ、
宴会モード。即席の大テーブルとなります。
下部のくぼみ。実は、周りにヒザが入り、
座り易くする工夫でした。

おおらかな「畳台」
快適さがつめ込まれています。

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

sentakuyasannoie_06

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...