住まいの可動家具「収納付きベッド」@古川達也

住まいの可動家具実例「収納付きベッド」
のご紹介です。
発想のもとは、寝室に重くて大きいベッドを
置くと、寝室以外のナニモノにも使えないよね?
というクライアントのお悩みでした。

限られたスペースです。寝室が主な活用であっても、
例えば、時々ホビールームや作業部屋に変身。
子供の遊び場になったり、
大勢の来客を迎えたパーティーの控室になったり。
ベッドが簡単に動かせたなら、
快適で楽しいということになりました。

yamaminoie_33

以前に設計した【山見の家】
主寝室のベッドを、キャスター付き収納ボックスで
構成。天板に布団マットを敷くことで、
ベッドに近い活用が出来ます。
収納ボックスには布団がしまえるので、他のスペースに
頼ることなく、夏・冬布団仕様の入れ替えも出来ます。

yamaminoie_34
ボックスが旅に出る!
yamaminoie_35

実は、この住まいの主寝室は玄関のお隣。
分割されたボックスを移動し、玄関スペースで
来客と、簡単にお茶菓子を楽しんだり出来る、
縁台のような使い方も出来ます。
もはや、主寝室の単なるベッドを超えて
完全に別物になっているとも言えます。笑

yamaminoie_36
左:主寝室、右:子供室
yamaminoie_37

住まいの可動家具は、
暮らしの便利を追求することで生まれ、
さらに、工夫ある暮らしを創造する「きっかけ」
となるように思います。
皆さまのオリジナル可動家具。
ぜひ、お住まいとともに発明しませんか?

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

SONY DSC

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

築15年を経過した「自然素材を使った木の家」見学会のお知らせ 11/21 @小泉拓也+栗原守

自然素材を使った木の家は手入れが大変そう、何年かすると傷や汚れでいっぱいになりそう、シミがついたり割れたりしていそう…..。自然素材の木の家にしたいけどそんなことが気になっている方に見て欲しい見学会のお知らせです。 築15年を経過した「自然素材を使った木の家」の見学会を11月21日(土)に開催します。2005年7月に竣工した「喜多見エコハウス」(自邸)です。15年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともにどのように変化しているか、珪藻土や月桃紙などが15年を経過してど...