住まいの可動家具「収納付きベッド」@古川達也

住まいの可動家具実例「収納付きベッド」
のご紹介です。
発想のもとは、寝室に重くて大きいベッドを
置くと、寝室以外のナニモノにも使えないよね?
というクライアントのお悩みでした。

限られたスペースです。寝室が主な活用であっても、
例えば、時々ホビールームや作業部屋に変身。
子供の遊び場になったり、
大勢の来客を迎えたパーティーの控室になったり。
ベッドが簡単に動かせたなら、
快適で楽しいということになりました。

yamaminoie_33

以前に設計した【山見の家】
主寝室のベッドを、キャスター付き収納ボックスで
構成。天板に布団マットを敷くことで、
ベッドに近い活用が出来ます。
収納ボックスには布団がしまえるので、他のスペースに
頼ることなく、夏・冬布団仕様の入れ替えも出来ます。

yamaminoie_34
ボックスが旅に出る!
yamaminoie_35

実は、この住まいの主寝室は玄関のお隣。
分割されたボックスを移動し、玄関スペースで
来客と、簡単にお茶菓子を楽しんだり出来る、
縁台のような使い方も出来ます。
もはや、主寝室の単なるベッドを超えて
完全に別物になっているとも言えます。笑

yamaminoie_36
左:主寝室、右:子供室
yamaminoie_37

住まいの可動家具は、
暮らしの便利を追求することで生まれ、
さらに、工夫ある暮らしを創造する「きっかけ」
となるように思います。
皆さまのオリジナル可動家具。
ぜひ、お住まいとともに発明しませんか?

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

SONY DSC

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...