住まいの可動家具「ダイニング椅子」@古川達也

住まいづくりで大切な事は沢山ありますが日々の暮らしで、必ず使うもの。例えば、椅子やテーブルなど「住まいの家具」はとっても気になるところです。住まいがあって、あとから購入したり、既に家具があって、合わせて部屋を作ったり。好みもありますが、自分の住まいに合った、あるいは暮らしの魅力を倍加する家具であったなら住まいがもっと好きになるのでは?

「住まいの可動家具」
一度据えたら、ほとんど動かさない重厚な家具の魅力もありますが、融通がきくのは動かせる「可動家具」。限られた空間の利活用を手助けし、さらに暮らしの幅も拡がるのではないかと思っています。

本日は、住まいの可動家具実例「ダイニング椅子」。食事がし易いことは重要なのですが、毎日使い欠かせないモノであればこそ、工夫したいところです。

yamaminoie_24

以前に設計した個人住宅【山見の家】大らかなワンルームスタイルとした居間の中心に、背のないベンチ型の、ダイニング椅子を採用しています。

yamaminoie_26

座面に好みのマットを据えて、自由な座り心地を確保する活用方法。実はそのマットを床に置き、椅子をテーブルとして活用する楽しさもあります。

yamaminoie_27

ベンチ型の椅子なので、繋いだり並べたりすることで、来客やイベントに合わせた様々な居場所を生み出すことが出来ます。なんと英会話教室にも早変わり!大人数の誕生日会や宴会、天気の良い日はデッキテラスと合わせた開放的な活用。

ピクニック気分の「ダイニング椅子」ちょっとオススメです。

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

yamaminoie_025

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...