幅や高さについて@栗原守+小泉拓也

今週のリレーブログを担当します「一級建築士事務所 光設計」の小泉拓也です。

「呼吸する住まい」をご提案、お手伝いをしています。今週のリレーブログでは

設計のときに気をつけている幅や高さについて書いてみたいと思います。よろしくお願いします。

 

住宅の設計で建築主様の優先順位が高いキッチン。システムキッチンに食洗機をつけたい、シンクの下はゴミ箱が置けるようにオープンにしたい、造り付け食器棚には大皿がはいる引き出しをetc。キッチンまわりの家電製品(冷蔵庫やオーブンレンジ、トースターなど)は基本的には建築主様にご用意していただきますので設計段階ではスペースの確保が重要になります。

 

近年の冷蔵庫は容量も600L以上の製品もあり奥行きや横幅が大きいサイズも出てきています。冷蔵庫本体の重量も100㎏を超えてきます。お引き渡し間近で購入したい商品が入らないといった事がないように気をつけたいです。

冷蔵庫に限りませんが大きいサイズのまま運びいれるので搬入経路を検討しておくことが必要です。キッチンが2階にある場合は十分に検討する必要があります。特に階段には手すりが付いていて、取り外せないと搬入できないことになるかもしれません。将来冷蔵庫が故障して買い換える時、今よりも容量の大きいものを検討される場合も想定してスペースと搬入経路を検討します。

光設計/栗原守+小泉拓也

著者情報

栗原 守 + 小泉 拓也栗原 守 + 小泉 拓也

栗原 守 + 小泉 拓也 くりはらまもる こいずみたくや

一級建築士事務所 光設計

「呼吸する住まい」をテーマに自然素材と自然エネルギーを有効に利用するエコロジーな住まいを建築主さんと2人3脚で設計しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...