敷地と間取り@高野洋平

家づくりを考えるとき、敷地と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?
既に決まっている方は具体的な様子を思い浮かべるでしょう。
まだ探している段階という方も多いと思います。
家を建てる為の敷地に、自分たちの希望するプランが入るのか、とても気になる所ですよね。
敷地があって家を建てる時も、理想の暮らしを求めて敷地を探している時も、
家づくりの中心にあるのは間取りの事だと思います。
敷地は「自分達の理想のプランが実現出来るか」という視点で選ばれているでしょう。
その事は当然で異論の余地はありませんが、「敷地自体が持っているプラン」というものも実はあります。
その敷地で一番気持ちの良い居場所や周辺の環境と見比べてバランスの良い立ち方などです。
街で時折見かける「佇まいの良い家」というのがそんな立ち方なのだと思います。
建築家との家づくりは自由です。様々な希望が叶います。
予算に合わせた理想の住まいをつくりましょう。
佇まいの良い家は、周りに良い環境を作ります。
敷地を大切に思う事で、これからの暮らしがより素敵なものになるのではないでしょうか。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...