飛び級でリフォームを学ぶ_空間に様々なマテリアルを織り込む @石川 利治

現地確認調査を進めながら、早い段階で各部位をどの様なマテリアルで構成してゆくかの打合せを行いました。お客様は本計画地から徒歩圏内に職場をお持ちであることから、自宅利用と併せてビジネスでのお招きをすることも想定されておりました。どちらかというと、生活感はあまり感じさせない様な素材感で構成してゆくことも念頭にマテリアル選び進めてゆきました。


現地で空間を彩るマテリアルを中心に方向性を協議中

特に床材に関しては早くから大判タイルで行うという方向性が固まり、具体的な品目の選定に注力する事になりました。一方、寝室に関してはあまりハードな素材ではなくフローリングで進めることになりましたが、素材・色に関しては室内空間の全体の中で選定してゆくことになりました。本計画の肝である曲面壁は小割りのタイルやクロスなどの議論もありましたが、より手仕事感が残るような左官をお薦めすることになり、具体的なサンプルをご提示することになりました。この左官壁は廊下からLDへと続き曲がりも加えると7M近くの長さがあります。玄関を入りすぐに視界に飛び込む印象的な部位となるため、特別な存在感を意識した素材選びを進めることになりました。また、左官壁と向き合う壁はタイル張りをお薦めすることになりました。こちらはよりフラットで洗練された素材感を持ち込んで向かい合う壁面の対比を生み出しつつ左官の手仕事感を際だたせ、尚且つ存在感としては負けないマテリアルで空間の質が高められることを意図しています。


間取り打合せ中のスケッチ 作図の準備を進行中

初期のスケッチを受けて、もう少しハードなラインで平面構成の確認を進めつつ、間取りを調整してゆきあました。同時に立体的な空間構成要素の取り合いがわかる様にCGを作成し、左官壁と床タイルを中心に色と柄のバリエーションで比較検討を進めました。


マテリアルによる空間比較 曲面壁は金属色で進めることを確認

左官壁は金属系の輝きをもった材料で進めることになりました。CG手前に描かれている不思議な形状をしたオブジェはお客様がお持ちの超高級スピーカーになります。ご自宅に伺った折にオーディオセットを拝聴させて頂きました。多くのアナログ盤をコレクションされており、プレイヤー、アンプ、ケーブル、電源に到るまでの徹底ぶりを窺い知る事ができました。ご新居でも最高の音が聴けるように注力することになりました。


左官材と床の白系タイル

後日、金属系の左官と併せて、床タイルは白系で進める方向性を頂き、改めてマテリアル確認を行いました。フローリングは濃い色目(ウォールナット)で進めることになりました。


現場を取り仕切る池谷さん 次工程の段取りを進めています

同時に現場は解体がスタートしました。床、壁、天井といった内装材が撤去され、下地の様子や設備の納まり状況など図面では判らない事が明確になり始めました。あらたに解決しなければならないことを見定めつつ、作図を進めることになりました。

著者情報

石川 利治石川 利治

石川 利治 いしかわ としはる

3*D空間創考舎一級建築士事務所

お客様にとって「快適で上質な空間」をお話をしながら、 きめ細かく建築に盛り込みます。コミュニケーションを大切にし、 技術力と感性の統合を行い、最適なご提案を致します。

− 最新イベント情報 −

住宅相談会(見学会)のお知らせ@内田雄介

緊急事態宣言が解除されましたので、自宅(木漏れ日の家)を開放した見学会(住宅相談)を再開してみたいと思います。 このイベントは、住宅相談と合わせ実際の住まいの見学も行うイベントになります。 新築やリノベーションなど家づくりをお考えの方は、この機会に是非体感して頂ければと思います。 <予約制(無料)> ■日 時 ※1日3組、時間指定の入替制です。 11/7 (日) ①11:00〜 ②13:00~ ③14:30~ 11/13(土) ①11:00〜 ②13:00~ ...