リビングから離れた客間になる琉球畳敷きの多機能小空間のある住宅

05. 家の中の離れのような畳スペース兼客間 /太田窪の家

02の松庵の家の回で畳のユーティリティ性を書きましたが
私達が畳をよく使う部屋として客間があります。
両親や友達が来たときに泊まる部屋はほしいけど、大きな部屋は必要ない。
こういった話はよく出てきます。

そういった場合には、普段は自分たちで使えて、
いざと言う時には仕切って使えるちいさなスペースとして提案しています。

 

 

 

 

 

 

 

家の中央にはしるスノコ状の床、インナーバルコニーをまたいでリビングと繋がる離れのようなちいさな空間です。
といっても吊り押入れを含めて4畳半の広さがあります。

リビングの続きとしてくつろげる場所であり、来客時にスクリーンを下げて泊まれる場所です。
通常は座卓を置いていて、
子供が絵を書いていたりみんなで囲んだりしているそうです。

 

 

 

 

 

 

いろいろな部屋を区切って作ることは、
家の面積がひろくなる原因になることがよくあります。
広くなくても無駄なくまとまったいい空間というのもあります。
必要な場所であっても使用頻度を考慮しながら
他の部屋との関係をうまく計画すると
きもちのいい ちいさな居場所 を作ることが出来ます。

菰田建築設計事務所 http://www.archi-komo.co.jp/
太田窪の家 http://www.archi-komo.co.jp/works_daitakubonoie.html

エクスナレッジから出版されている書籍に掲載していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30坪位の住宅をあつめた編集になっています。
ちいさな家。 時をつむぐ、ゆたかな暮らし

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

著者情報

菰田 真志 + 菰田 晶菰田 真志 + 菰田 晶

菰田 真志 + 菰田 晶 こもだまさし こもだあき

有限会社 菰田建築設計事務所

毎日を心地よく機能的に暮らせる建物。 街に調和しながら趣のある建物。 思わずニンマリ微笑んでしまう建物。 わくわくする建物。 そんな建物を生活スタイルや価値観を伺いながらひとつひとつ創ってゆきます。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...