テレワーク対応のリノベーション@前田敦

コロナ禍での生活環境や職場環境に変化がみられるときですが、特にテレワークという新しい考え方が一般化してきました。
一言で言うと、自宅に職場環境が入り込んでくるわけです。

リビングをリノベーションしてワークスペースをつくる

リビングで仕事、ダイニングで仕事というケースもありますが、テレワークが定着すると一時的なことではないので、やはり専用のスペースが必要になります。
そして、生活と仕事という気持ちのリセットという点でも望ましい姿だと思います。

我が家では中古マンションを購入して、SOHOとしてリノベをしましたので、まさにテレワーク環境をすでに準備しておりました。

リノベーション前(リビング)

リノベ前(リビング)

 

リノベーション後(リビング)
リノベ後リビング
リビングをくつろぎスペースワークスペースに分け、バーチカルブラインド(縦型ブラインドで可動間仕切りとしました。
※バーチカルブラインドの隙間にワークスペースが見えます。

バーチカルブラインドは、フルオープンにすることもできますし、完全に視界を遮断することもできます。
さらには、区切ったような区切っていないかのような曖昧な区切り方も可能になります。
この曖昧な間仕切りがとても便利なように感じます。

音の問題は電話やリモート会議中はTVやオーディオの音量を下げたりして調整しています。

※バーチカルブラインド(縦型ブラインド)とは  → ニチベイののサイト

 

 

客間をリノベーションして土間をつくる

ネットで繋がっていれば仕事の対応できる場合が多いようですが、職種によってはそれだけでは対応できない場合もあります。
例えば設計事務所ですと、建材のサンプルや模型等のようにリアルに確認しないと対応できないケースもあります。

そこで我が家では、玄関とそこに隣接する客間を一つの土間空間として、エントランス兼ミーティングスペースを用意しました。

リノベーション前(客間)
リノベ前客間

リノベーション後(土間のミーティングルーム)
リノベ後客間

この土間はエントランスでもあり、ミーティングスペースでもあるので、
帰宅時にはこの空間でアルコールやミスト消毒を行います。
また、ミーティング後の片付けの際には、部屋全体と自分達をミスト消毒します。

大きな扉で執務空間と接客空間を完全に分離していますので衛生管理も容易に行えます。執務空間と接客空間を分離し衛生管理を行う

こうすることで経済活動をより安全に行えるように配慮しています。

前田敦計画工房

mac-atelier/アトリエ・住居

著者情報

前田 敦前田 敦

前田 敦 まえだ あつし

前田敦計画工房 合同会社

3つのテーマに特化して家づくりに積極的に取り組んでいます。 (1)愛犬と快適に暮らす家づくり (2)愛猫と快適に暮らす家づくり (3)土地・中古物件探しからの家づくり

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)11/14 ひなたの家 @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「ひなたの家」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 この住宅は、建築家31会の家づくりイベント「建築家31会 展示・相談会・ワークショップ vol.30 at 江東区文化センター」をきっかけにスタートした ご夫婦とお子さんのための住宅です。   都市区画整理事業が進む街の中の、鰻の寝床。 街の歴史がスタートしたばかりのような均質でフラット...