住まいのまわり「スロープ」 @古川達也

街に家を建てるとします。。
「住まいのまわり」とは、家と街のあいだ。。

本日は住まいのまわりに設置した「スロープ」のお話。
住まいのまわり、あるいは住まいの玄関先に、
緩やかなスロープがあるといいなあと思う時があります。
足腰の不自由から階段を使うことが難しい場合、
車椅子の活用でどうしても段差なく行き来したい場合など
快適にアプローチ出来るスロープがあると心強い。

hirobanoie01[2]

 

例えば、以前に設計した
歯科医院 兼個人住宅【小さな広場の家
1階が歯科医院、2階が歯科医院をされている
ご夫妻の住宅です。
患者様のなかには高齢の方も増えるなど、設計の際は
土地の高さを解消する、スロープ設置が必須でした。
駐車場やスロープを設けることは出来ても、
一般に味気なくなりがち。
ここでは、奥様が趣味で楽しむ、季節の草花や家庭菜園が
全体に散りばめられました。

hirobanoie02[1]

 

単なるスロープ付き駐車場ではなく、患者様をお迎えする、
街に開かれた「小さな広場」となりました。
スロープでは夏にゴーヤーが植えられ、
住まいへの来客や、歯科医院に来られる患者様に、
奥様がゴーヤーを振舞います。
階段で事足りる来訪者も、心地いい動線としてスロープを
使っているご様子。欠かせないアプローチとなりました。

n_tsunaguie01[2]

 

もう一つご紹介【残してつなぐ家
雪国である長野県の個人住宅です。敷地内の井戸、伝統の
蔵や庭などを残し住まいと繋ぐことがテーマでしたが、
一方で、雪降る季節を考慮し玄関先に
「屋根のあるスロープ」を設けています。これが実に快適。
雨天のアプローチや、玄関先の立ち話など。。
意外な効用もあるようです。

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

築15年を経過した「自然素材を使った木の家」見学会のお知らせ 11/21 @小泉拓也+栗原守

自然素材を使った木の家は手入れが大変そう、何年かすると傷や汚れでいっぱいになりそう、シミがついたり割れたりしていそう…..。自然素材の木の家にしたいけどそんなことが気になっている方に見て欲しい見学会のお知らせです。 築15年を経過した「自然素材を使った木の家」の見学会を11月21日(土)に開催します。2005年7月に竣工した「喜多見エコハウス」(自邸)です。15年が経過していますので、無垢の木などの自然素材が時間の経過とともにどのように変化しているか、珪藻土や月桃紙などが15年を経過してど...