住まいのまわり「スロープ」 @古川達也

街に家を建てるとします。。
「住まいのまわり」とは、家と街のあいだ。。

本日は住まいのまわりに設置した「スロープ」のお話。
住まいのまわり、あるいは住まいの玄関先に、
緩やかなスロープがあるといいなあと思う時があります。
足腰の不自由から階段を使うことが難しい場合、
車椅子の活用でどうしても段差なく行き来したい場合など
快適にアプローチ出来るスロープがあると心強い。

hirobanoie01[2]

 

例えば、以前に設計した
歯科医院 兼個人住宅【小さな広場の家
1階が歯科医院、2階が歯科医院をされている
ご夫妻の住宅です。
患者様のなかには高齢の方も増えるなど、設計の際は
土地の高さを解消する、スロープ設置が必須でした。
駐車場やスロープを設けることは出来ても、
一般に味気なくなりがち。
ここでは、奥様が趣味で楽しむ、季節の草花や家庭菜園が
全体に散りばめられました。

hirobanoie02[1]

 

単なるスロープ付き駐車場ではなく、患者様をお迎えする、
街に開かれた「小さな広場」となりました。
スロープでは夏にゴーヤーが植えられ、
住まいへの来客や、歯科医院に来られる患者様に、
奥様がゴーヤーを振舞います。
階段で事足りる来訪者も、心地いい動線としてスロープを
使っているご様子。欠かせないアプローチとなりました。

n_tsunaguie01[2]

 

もう一つご紹介【残してつなぐ家
雪国である長野県の個人住宅です。敷地内の井戸、伝統の
蔵や庭などを残し住まいと繋ぐことがテーマでしたが、
一方で、雪降る季節を考慮し玄関先に
「屋根のあるスロープ」を設けています。これが実に快適。
雨天のアプローチや、玄関先の立ち話など。。
意外な効用もあるようです。

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...