左官の力 @清水 禎士+清水 梨保子

最近、左官が気に入っています。

数年前に外装、内装をほとんど漆喰やモルタルで住宅を設計しました。

これ以前に、内装の寝室で珪藻土を使用したことがあります。珪藻土の施工中は磯の香りが室内に満ち溢れ、でき上がった後はクロスや塗装では感じられない、静かでしっとりと落ち着いた雰囲気となりました。

この住宅では、水周りを含め天井、壁は全て漆喰、床も1階部分は全てモルタル仕上げ。徹底的に自然素材にこだわり、金属や樹脂は窓やスイッチなどやむを得ない箇所以外、使用していません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漆喰の柔らかい雰囲気は筆舌に尽くし難く、何よりも、天井高さ3.5m、50畳近いLDKのコンクリート大空間が、施工中は圧倒される力強さを見せていましたが、漆喰が塗られた後は、人に寄り添うように何とも優しい空間に様変わりしました。左官という手作業がなせる技か。

近頃は、左官の優しさ、手作業の馴染みがとても心地よく感じ、ほんの少しでもモルタル塗りなど採用し、墨をモルタルに混入することで、塗装で色付けすることなく、コンクリートの冷たい感じを封じ込め、素材そのものを楽しむようにしています。

>>清水 禎士+清水 梨保子
>>トレス建築事務所

 

著者情報

清水 禎士+清水 梨保子清水 禎士+清水 梨保子

清水 禎士+清水 梨保子 しみずただし しみずなおこ

トレス建築事務所

集合住宅やオフィス、個人住宅など、どのような建築や空間にも「心地よいこと」が大切だと考えています。 私たちは陽の光、通り抜ける風、空間ののびやかさなど人々が心地よいと思うポイントを重視し、空間にいる人々がさりげないコミュニケーションが生まれる設計を目指しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...