今週は敷地のお話@高野洋平

先週の一條さんに続き、
パトログを担当します高野洋平です。

さて、赤レンガ倉庫の31人展から2週間が経ちました。ご来場頂いた皆さんはいかがでしたか。何か収穫がありましたでしょうか。計画が見えて来たという方がいらっしゃれば幸いです。

今回の会場では敷地の活用について相談を多く受けました。敷地の活かし方は計画の土台になる部分ですのでしっかり考えて行きたいですね。そんなわけで、今週は敷地にまつわるお話をして行きたいと思います。一週間宜しくお願い致します。

 

高野洋平
高野洋平建築設計事務所

高野洋平  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...