荷物用EV付在庫商品倉庫とせんべい和菓子小売販売店舗の和風数寄屋外観内装間取りプラン設計図

大型在庫セールが年に数回ある

和菓子煎餅を販売する店舗「味億本舗」様は東京都清瀬市にあります。季節毎に割引セールを開催し、その時は商品在庫を一掃するようなセール販売で、和菓子お煎餅を買いに開店前から行列ができる人気店です。

大量商品の在庫倉庫が必要

今回の建物ができる前の店舗では、建物面積が手狭で、商品を保管しておく倉庫面積が足りなくて、外部に商品保管庫が点在して、在庫一掃する割引セール当日には商品の運搬が混乱してお客様への提供にご迷惑を掛けることなどあり困った状況もあったようです。

そこで既存の店舗の近接地に、新たな敷地を確保されて、広い倉庫を有する新店舗を新築されることになりました。

商品の搬入搬出同線ルートとEVと間取りプラン

大量の商品を1時保管し、一時期に一挙に排出して販売することが出来るように求められました。確保された敷地に対して可能な限り広い販売店舗と大量の商品を保管できる倉庫を計画することになりました。

1階に店舗・2階に倉庫

地上階は来店されるお客様の販売店舗で、和菓子煎餅を保管する倉庫は2階に位置することに定まりました。敷地に対して建ぺい率最大、容積率最大の建物規模に計画されました。

エレベーターで上下階を結ぶ

販売店舗は地上階、倉庫は上階(2階)の配置が定まってからは、次の内容の検討が進められました。

  • 2階倉庫への外部からの商品の搬入ルート
  • 1階店舗への2階倉庫からの商品移動のルート
  • お客様の動線と商品の動線ルートとは接触しない

以上の動線ルートが検討されました。

初めに商品の搬出入、移動のルート確保には、地上階と2階とをエレベーターで結ぶことが必要とされました。

段ボール箱の商品が台車で搬入され、そのままエレベーターに乗って2階倉庫まで移動できることが求められました。

エレベーターは大型台車が台車ごと入るエレベーターの大きさになり、動線条件が整理されて、エレベーターに求められる位置や形状が整理できました。

荷物EV在庫商品倉庫せんべい和菓子小売販売店舗

エレベーターの使い方

地上1階と2階倉庫とをつなぐエレベーターは、

  • 出入り口が表裏2カ所ある
  • 表側から入ると裏側に出れる通過式
  • 地上1階の出入口は、外部側と店舗内部側に面している
  • 2階の出入り口は1つで倉庫内部側に面している

となりました。

荷物EV在庫商品倉庫せんべい和菓子小売販売店舗

大量商品を保管する倉庫を販売店舗内で確保できて、お客様への商品供給がスムーズになって、沢山のお客様に利用していただけることになりました。

店舗デザインと演出

新店舗として建物外観デザイン・内装デザイン・実演販売に工夫演出が示されました。

建物外観:数寄屋風和風デザイン

建物外観デザインは、販売する煎餅が日本の和菓子であることから、そのイメージに直結する「和風」イメージを施すよう求められました。

店舗が立地する場所は、並木道街道沿いにあり、本瓦と銅板が葺かれた勾配屋根とした本格的な数寄屋風建築になりました。

 →関連記事「和風菓子店舗建物の勾配切妻屋根意匠と本瓦金属板噴き材料」

和菓子小売販売店舗の和風数寄屋外観

店舗内装:数寄屋風和風デザイン

内装も外観同様、本格的な数寄屋風デザインで構成されました。

和菓子小売販売店舗の和風数寄屋内装インテリア

 →関連記事「外観内装も日本的和風店舗建替」

実演販売コーナー

店舗出入り口に隣接して、煎餅を実際に焼く実演販売コーナーが設置されました。

 

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

9/21(tue)13:30~ インスタライブ開催 左官材シリカライム&建築家31会

9/21(tue)13:30~ インスタライブのお知らせ   #建築家31会 @sanichikai 《出演》 シリカライム:本山 氏 建築家31会  :南部 健太郎 (Ar.K一級建築士事務所)  ————————————— シリカライムは色彩の美しさと質感の豊かさに加え、100%天然無機の力で身体に優しい健康的な空気に変えてくれる左官材です。 今回のインスタライブでは、暮らしに彩を与えてくれるとともに、空気を変える力を持ったシリカライムの魅力を軽...