世の中に無いものをつくる_オーダーメイドの世界4「木の化粧梁」@石川 利治

無垢材のカウンターテーブルや四角フレームの収納棚など、今回の沖縄のプライベートヴィラでは、木の手触りや素材感を大切にした空間づくりがされています。特に木に関しては。できるだけ無垢材や塊感を感じられる使い方を心がけました。床、壁はできるだけ装飾を排し、機能性を満足させながらシンプルな構成になっています。それに対して天井は、少し遊び心を感じさせるような木の化粧梁が配されています。

無垢材180角

材料は現地で入手できた180角の無垢材を選定し、大工さんに角を落としてもらい、少し手作り感を入れて貰っています。写真は取付時と逆さまに木材が並べられていますが、木口側にはL字形の掘り込み加工を行っています。取付けには天井からの吊りボルトと併せて、壁からボルト頭を出しておいて、下から梁を差し込み、水平の溝に引っ掛けて化粧梁を支持しています。

梁の色検討

塗装色は当初は黒が強めとのことでしたが、建物全体の木色との調和を優先した色になりました。取付け前に塗装を済ませて室内に持ち込みました。

梁固定下地

固定の下地はボルトによりますが、部屋によって梁が空中に飛んでいたり、天井を梁が支えている様な表現の箇所があります。写真は天井下に梁が取付くような箇所で、天井ボードを固定する金属の下地が組まれています。化粧梁と金属下地の間にはボード一枚分の隙間を開けて、梁の上にボードが乗る様に寸法調整されています。

梁間ボード張り

梁間のボード張りが完了した状態です。

ソファ周り化粧梁

化粧梁の少し煤けた表情が、ソファ周りの家具やペンダント照明と組み合わさり、空間に自然素材の温もりが持ち込まれたと思います。

石川利治[3*D空間創考舎一級建築士事務所]

著者情報

石川 利治石川 利治

石川 利治 いしかわ としはる

3*D空間創考舎一級建築士事務所

お客様にとって「快適で上質な空間」をお話をしながら、 きめ細かく建築に盛り込みます。コミュニケーションを大切にし、 技術力と感性の統合を行い、最適なご提案を致します。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)11/14 ひなたの家 @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「ひなたの家」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 この住宅は、建築家31会の家づくりイベント「建築家31会 展示・相談会・ワークショップ vol.30 at 江東区文化センター」をきっかけにスタートした ご夫婦とお子さんのための住宅です。   都市区画整理事業が進む街の中の、鰻の寝床。 街の歴史がスタートしたばかりのような均質でフラット...