設計計画とデザイン @南部健太郎

今日は先日完成した今宿の家からバスルームを見ていただこうと思います。

私たちは、家を設計していくときに

先ずはお客様から目的を聞き必要な事をとにかく満たすように設計作業をしていきます。

快適性、構造、コスト、実用性、お客様の好み、・・・・

これらはどれも大事です。それゆえに、これらに頼りすぎてしまう危険性があります。これらを言い訳にしてしまえば誰が設計をしても・・コンピューターが設計しても家は完成するでしょう。

しかし、それは無味乾燥な味気ない物です。命の吹き込まれる前のロボットのような・・・。

そういう完璧なだけの人間はつまらないものです。必要な事を満たした先にさらにデザインしてドキドキ・ワクワクするような命を吹き込みたいと思っています。

 

風と光が気持ちよいバスルーム。

コーナーに設けた、ステンレスパネルに「水・光・換気」を集約して美しくメンテナンス性を高めています。

imajuku-bath-01

バスルームへはこのトンネルをくぐって入っていきます。

imajuku-bath-02

床は耐水耐磨耗、足ざわりにすぐれたBOLON。ゆったりしたパウダールームと一体です。

imajuku-bath-03

夕暮れ、外の景色が浮き上がります。

imajuku-bath-04

南部健太郎
AR.K一級建築士事務所

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...