光を取り入れる @岸井 智子

今週のリレーブログを担当するmeenaxy designの岸井です。今回は光の取り入れ方について工夫した事例をご紹介します。

戸建住宅の設計をするときには、採光に関してもリビングなど主要な居室から優先的にレイアウトが決まることが多く、廊下、小屋裏などの空間はどうしても暗い空間になりがちです。しかしちょっとした工夫でこれらの空間に光を取り入れることができます。

この住宅では2階の小屋裏部分をフリースペースとして利用しています。窓は設けられませんが、屋根にトップライトを設けることで明るい空間としています。なおこのトップライトは2か所設けられていて、開放すると夏場の住宅全体の換気にも有効なものです。

さらに床を一部FRPグレーチングとし、この下にある1階の中廊下にも自然光が入るようにしました。暗くなりがちな中廊下ですが、日中の明るさを自然光で確保できています。

 

夜には逆に、1階中廊下の照明がグレーチングから2階を照らします。

 

meenaxy design一級建築士事務所

https://www.meenaxy.com/

著者情報

岸井 智子岸井 智子

岸井 智子 きしい ともこ

meenaxy design
一級建築士事務所

対話の中から、その場所や人だからこそある事柄を発見し、 お客様とともにオリジナルな空間を作っていきます。

− 最新イベント情報 −

11/26(fri)16:00~ インスタライブ開催 イゼナ&建築家31会

11/26(fri) 16:00~ インスタライブのお知らせ 冬暖かく夏涼しい住まい。家づくりでは、暖かさ、涼しさの「質」にも拘りたいものです! 温熱・涼熱を床下の「水」に蓄え、安定した室内環境を保持し、四季を通じた快適空間を広げる「水蓄熱アクアレイヤー」。 今回は、4年前に竣工した住宅にお邪魔して、蓄熱がある空間の冬の心地よさを体感し、エアコンや他の床暖房とは違う輻射暖房の感覚をライブでお伝えいたします。 是非ご覧ください。 ————————————— #建築家31会 @s...