光を取り入れる @岸井 智子

今週のリレーブログを担当するmeenaxy designの岸井です。今回は光の取り入れ方について工夫した事例をご紹介します。

戸建住宅の設計をするときには、採光に関してもリビングなど主要な居室から優先的にレイアウトが決まることが多く、廊下、小屋裏などの空間はどうしても暗い空間になりがちです。しかしちょっとした工夫でこれらの空間に光を取り入れることができます。

この住宅では2階の小屋裏部分をフリースペースとして利用しています。窓は設けられませんが、屋根にトップライトを設けることで明るい空間としています。なおこのトップライトは2か所設けられていて、開放すると夏場の住宅全体の換気にも有効なものです。

さらに床を一部FRPグレーチングとし、この下にある1階の中廊下にも自然光が入るようにしました。暗くなりがちな中廊下ですが、日中の明るさを自然光で確保できています。

 

夜には逆に、1階中廊下の照明がグレーチングから2階を照らします。

 

meenaxy design一級建築士事務所

https://www.meenaxy.com/

著者情報

岸井 智子岸井 智子

岸井 智子 きしい ともこ

meenaxy design
一級建築士事務所

対話の中から、その場所や人だからこそある事柄を発見し、 お客様とともにオリジナルな空間を作っていきます。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)8/23 松原のスパイラルハウス @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「松原のスパイラルハウス」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。     私鉄線路脇の敷地。 ふとした瞬間にそこにある電車の往来の光景を、 光と音による「スピード(=今この瞬間の時間)」のスペクタクルとしてポジティブに捉えて、 そのエネルギーを「位置エネルギー」として住宅内に保存すべく、空間構成をスタディした。 自然光が射す明る...