サーファーズハウス @Itchy’s Art Garage 泉谷吉信

今回ばとろぐを担当しますItchy’s Art Garageの泉谷吉信です。宜しくお願い致します。
2020年の東京オリンピックではサーフィンが正式種目になり、今までサーフィンに興味がなかった方もやってみようと言う方も多くいるのではないでしょうか。サーフィンを趣味としている人の家のプランニングを考えてみましょう

1.外シャワー。海から帰って来て砂と塩をここであらかた落とします。排水口に砂が溜まってもいい様に掃除用の点検口を付けます。冬用にお湯も出るといいですね。支柱を立ててシャワーを取り付けてもいいですし、外壁からシャワーヘッドだけ出してもかっこいいです。

2.外からダイレクトでバスルーム、またはサニタリーへアクセスできる。若しくは玄関から土間続きでバスルームまでアクセスできる。これは濡れたまま裸足で歩けるように、この動線をよく考えて作ることが多いです。以前は前者の裏動線をよく提案していましたが、最近は玄関の土間スペースを部屋の様にしてそこにサーフボードを置いたり、飾ったりとギャラリースペースの様に使うプランニングをよくします。

3.サーフボードの置場。前述の様に玄関土間スペースに立てかける、壁にサーフボードラックを取り付けて飾るもよく提案します。ガラージのある家では内部にサーフボードラックを作ったり、外に置く場合は軒を大きめにとり、軒天からサーフボードを吊るしたり、家の中に置いて眺めていたい人には天井高を高くしてサーフボードを吊るしたり、吹き抜け部の構造用の梁の上部にサーフボードを置ける様にしたりしています。壁を使わずにサーフボードを置ければ、有効にスペースを使う事ができますね。

 


こんなサーファーズハウスをお気に入りの建築家と作ってみてはいかがですか?

泉谷吉信
Itchy’s Art Garage Totally Happy Creations

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...