イケアIKEAのキッチンを注文住宅で設計デザインしたオープンキッチン

キッチンの作り方を考えた時、キッチンとして、ひと部屋造るようなクローズされたキッチンか、ダイニングやリビングと一部屋となるオープンなキッチンにしたいのか、プランニングする上で、最初に聞いておきたいことです。

最近は、オープンなキッチンを望まれる方が多く、クローズされたキッチンをプランニングすることはかなり少なくなりました。そこで、最近の事例から、今回のバトログではオープンキッチンの話をお伝えしようと思いますが、初回は、独立したキッチンについて。

クローズなキッチンの良いところは、多少の散らかりや調理の匂いや油ハネなどからの汚れに対して、少し気楽に対応できます。キッチンは作業場所ですから、そのあたりを気にされる方のいらっしゃいます。
また、キッチン作業からの音がリビングでくつろぐご家族の邪魔になっることもありませんし、キッチンを家事室として拡張して、洗濯機や乾燥機を組み込まれている場合は、なおさらその音のコントロールがしやすくなります。

img_002

写真はクローズされたキッチンの事例です。

クローズであれば突然の来客にあわててキッチンを片付ける必要はありません。

レンジフードから排出される匂いや油の気流もコントロールしやすく、汚れ方も押えられます。

 

「駒込の健康住宅」

 

下の写真は、洗濯乾燥機を組み込んだキッチンです。ダイニングとはつながったキッチンで、食事中に洗濯機を動かすことは、少し遠慮したくなります。

DSC_0009ちなみにこのキッチンはIKEAのキッチンに少し手を加えてセットしたもので、カウンターに石を使っている割に、安価にでき上がっています。

 

磯村一司+政本邦彦
ギルド・デザイン一級建築士事務所

「キッチン」関連解説記事

「造作」関連解説記事

磯村一司+政本邦彦  ばとろぐ記事

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...