注文住宅の家づくりで広い玄関土間とシューズクローク下足収納

 

家づくりで広い玄関土間を採用した暮らし

以前から、屋外で楽しむ趣味スポーツ、家族みなで出掛けるキャンプなど、アウトドアライフを満喫されているご家族の家づくり。設計をはじめた時から、玄関は広い土間空間にしたいというご家族の夢を聞いていました。

外へ出掛ける時の持ち物準備や、帰って来た時の汚れもの整理・メンテナンスなど、全部土間で済ませたい。靴や傘、外で使う道具をスムーズにしまえる収納も必須です。掃除がし易いことも大事ですが、実は少々の泥汚れも気にならない床仕上げになっていると嬉しい、という本音も。そして、当初住んでいたマンションではそれらが全く叶わず、常にストレスになった、というお題です。

ご家族と一緒に、ご家族のライフスタイルに合う理想の玄関土間を考えました。タフで落ち着いた風情の墨入りモルタル仕上げを採用。全体の間取り上、階段下をそのまま収納に出来るから、収納部も土間にして、余すことなく使い切ろう。奥まで使いたいから扉はいらないオープンスタイル。その方が風通しも良くて自分たちに合っている。自転車を置くこともあるから、置いても横を通れる寸法にしよう等々。

将来仕切って子供たちの個室に出来る多目的スペースを、土間と一体で活用出来るよう計画しました。これがとても便利で機能的。キャンプへ出掛ける際の大量の荷物準備も楽です。大勢の来客があっても、どこからでも上り荷物を置き、皆直ぐにリラックス出来ます。使い方もまだまだ進化。当初の想像を超えて心地良く、かけがえのない空間となりました。@心地よい風と緑のある家

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所


撮影:塚本浩史


撮影:古川達也

 

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...