家の廊下に洗面コーナーとスタディコーナー勉強学習机がある注文住宅

 

廊下に洗面コーナーとスタディコーナーがある家

「子供がお友達を連れて帰宅した時、みんな手を洗ってね!と言い易い場所に洗面器を設置したい。」「限られた面積の住まいであっても、狭苦しい場所で顔を洗ったり、歯を磨いたりするのは残念だ。」設計時にお聞きした施主奥さまのお話は、暮らしをみつめる具体的課題でした。

洗面台がお風呂の脱衣室にあるだけでは、確かに使いにくい時があります。しかし、あちこちあっても無駄。いっそうのこと、部屋で無く廊下のような場所、家族や来客も必ず通る分かりやすい階段付近に洗面台があると、実は一番機能的なのではないか?と、なりました。

階段とリビングとキッチンに繋がる短い廊下。ちょっと広めなこの廊下には、同じような理由でスタディコーナーも設置。部屋にこもって作業する感じでもない、かといってリビングで書類やノートを広げるのも片付けるのも中途半端だ。物書き調べもの等家事も出来て、子供たちがお絵かきや宿題を始めたら、直ぐに見てあげられるのもこの場所。

借景の緑も目に飛び込んできて心地いい。洗面コーナーとスタディコーナーがある廊下は、風通しが良く視線も抜け、とても伸びやかな空間です。洗面上部には収納付きの鏡。スタディ・カウンター上部にはたっぷりの書棚。それぞれ収納がしっかりあることで、雑然とし過ぎない工夫も大切。動線としての廊下が、大事な暮らしの拠点に進化したと言えます。
@心地よい風と緑のある家

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所


撮影:古川達也


撮影:塚本浩史

 

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...