在宅勤務テレワーク用書斎机スペースを設けた木造和風二世帯住宅リビング

仕事を自宅でする

外観も内部も和風な意匠の二世帯住宅のお客様は、月の半分をご自宅で仕事をされる方です。建て替える前のお住まいでは、居間でお仕事をされてましたが、新たに建て替える住まいでは椅子に座って仕事作業をする場所を設けたいというご要望をいただきました。

デスクワークはリビングで行う

仕事作業を行う場所はリビングを選ばれました。リビングの一角に仕事作業が出来るスペースを設けることになりました。

食卓テーブルと仕事作業デスクを分ける

食事をされるテーブルとは別に、作り付けの固定デスクを設けて、電話、パソコン、プリンターなどを置いて、いつでも仕事が出来る状況を設えました。

壁面収納と電源コンセント設備

作り付けたデスクはシンプルで、リビングのひとつの壁面に板一枚を取り付けたものです。

使用方法を固めないで、どこにでもコンピューターやプリンターを置けるようにしました。デスク板の下部には収納棚を設けました。

コンセントや電話ネット通信の引き込みは、机下の壁面に設けて、必要なケーブルだけをデスクに開けた穴から通して取り出し、デスクにある機器に接続する方式としました。

吊り戸棚

デスクの上部には壁面に固定する様に収納戸棚を設けました。地震が起こった場合に戸棚が開かない様なカギを設けて、地震対策としました。

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...