心療内科精神科医院メンタルクリニックの新型コロナウィルス感染防止対策

新たな心療内科クリニックの開院計画で、計画中に計画の中に新コロナウィルスの感染症伝搬が起こり、感染症防止対策を少しでも内装も内装間取りプランに反映させようと工夫がなされました。

  • 外部からの汚染ウィルスを除去すること
  • 内部での感染全般を伝搬を阻止すること

を、目標に掲げ間取りプラン及び内装工事が行われました。

玄関出入口扉を自動ドアに

患者さんが出入りする玄関扉は、可能な限り素手で触らないこととして、自動引き戸を設置することにされました。

手洗い台を玄関直近に設置

外からクリニックに入って来られた皆さんは、直ぐに手洗いが出来るように、玄関扉の直近に手洗い台を設けることとしました。

扉を設けないで、直接手洗い台が見えるようにしました。

受付カウンターを広くしてソーシャルディスタンスを確保

クリニックに入っていただいた患者さんは直ぐに手洗い台で手洗いをしてくださった後、受付カウンターで診察の受付をします。

受付カウンターは間取りプランの中で可能な限り幅長さを長くして、複数の患者さんが間隔を空けて同時に受付対応ができるようにしました。

間隔を空けられた受付カウンターには、カウンターの上に透明のアクリル板を設置して、患者さんと受付者の飛沫が飛ばないようにされました。

広い待合室

待合室はクリニックの中で一番広い面積を確保し、沢山の患者さんがお見えになっても離隔を確保できるようになれました。

機械換気と通風強制換気

診察室を始めとする各診療スペースは、すべて機械換気ができるようになっています。外気を給気して内気を機械設備によって排気できるようになっていますが、それとは別に、外壁にある窓を開けて内部空気の換気が短期間でできるようにもできています。

処置室に消毒台を設置

出入口玄関の直近にある手洗い台とは別に、診察室処置室にも手洗い台を設置することが保健所の指導によって求められました。

そのことによって各室に手洗い台が設置されました。

医師先生やスタッフ、患者さんは、診療を始める前、診療中、診療後、手洗いをすぐにできる環境になっています。

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

『2つのテラスをもつ家』完成見学会のお知らせ

  『2つのテラスをもつ家』完成見学会のお知らせ 開催日:2021年7月31日(土) 会場:横浜市戸塚区※ご参加の方に詳細をお知らせいたします。 時間:10:00〜16:00 ※完全予約制(家づくりをお考えの方) 予約お問合せ:古川都市建築計画(7月29日まで) → 下記参加フォームの相談内容欄に、概ねの参加人数と希望時間をお知らせ下さい。調整しこちらからご連絡を差し上げます。 住まいご家族のご厚意により、古川都市建築計画の設計「2つのテラスをもつ家」完成見学...