天から降りそそぐ 「光」 のクリニック @田中功一+佐藤美欧

田中功一+佐藤美欧 の建築事例

コロナで新築住宅が激減するかと思っていましたが、
蓋を開けてみれば、2020年の住宅着工戸数は、
20%程度の落込みにとどまり、
さらに、高級輸入車の販売台数も、
過去最高を記録したそうで、
2極化が進んでいるんだと感じています。

弊社(378A)では、コロナの影響なのか(?)
医院建築のご相談件数が、大幅に増えました。

もうすぐ完成するクリニックのご報告です。

■天から降り注ぐ「光」のクリニック

以前、北欧を旅行した折、住宅、図書館、教会、公共施設等のいたるところで、
真夏にもかかわらず、ハイサイドライトやトップライトから降り注ぐ、
熱のない明るい光の「心地よさ」を、体感しました。
建物の用途によって、その「心地よさ」の性格は様々ですが、
一応に感じられるのは、
光による圧倒的な包容力 (包まれる安堵感のような心地よさ) だったと思います。

日本では、室内環境の計画をする上で、その気候から夏は言うに及ばず、
冬の明るさ(光)」以上に、過酷な夏の酷暑(熱)への対応が大きなウェイトを占めます。
この気候条件下で、あの熱のない明るい光の「心地よさ」を体感してもらうことはできないか。
そんな思いが常々ありました。

↑待合室。2つのトップライトと、天井の周囲にまわる間接照明

■自然光と、間接照明のバランス。

北欧では、自然光が乏しい冬、トップライトの周辺に仕込まれた照明器具が、
あたかも自然光のように、室内を明るく包み込んでいるのをよく見かけます。

今回は理由こそ異なりますが、自然光(トップライト)と、間接照明を併用しています。

日中の照度としては、トップライトの明るさで十分に賄えますが、
壁を明るく照らす、間接照明(コーニス照明)を併用することで、
天井が軽く浮いて見えるとともに、空間全体が、明るく温かみのあるものへと仕上がります。

田中功一+佐藤美欧 の建築事例

一級建築士事務所378A

https://www.378a.net/

著者情報

田中功一+佐藤美欧田中功一+佐藤美欧

田中功一+佐藤美欧 たなかこういち さとうみお

一級建築士事務所378A

私たちは、お客様の「夢」の実現。土地、法規制、コスト等の様々な「条件」の解決に挑んできました。 難しい条件を「逆手」に取り、かえって魅力的になった建物もあります。 私たちは、難問を「解決」するだけではなく「活かす」という視点から発想していきます。

− 最新イベント情報 −

9/21(tue)13:30~ インスタライブ開催 左官材シリカライム&建築家31会

9/21(tue)13:30~ インスタライブのお知らせ   #建築家31会 @sanichikai 《出演》 シリカライム:本山 氏 建築家31会  :南部 健太郎 (Ar.K一級建築士事務所)  ————————————— シリカライムは色彩の美しさと質感の豊かさに加え、100%天然無機の力で身体に優しい健康的な空気に変えてくれる左官材です。 今回のインスタライブでは、暮らしに彩を与えてくれるとともに、空気を変える力を持ったシリカライムの魅力を軽...