それぞれの家の設計において考えたこと/矢野口の家 @菰田真志+菰田晶

今週のリレーブログ担当の菰田建築設計事務所の菰田真志(こもだまさし)です。
今回は過去の仕事を振り返って、それぞれの家の設計において考えたことを書いてゆこうと思います。

一軒目は 矢野口の家 です。

矢野口の家after02

この家は 新築ではなく スケルトンリフォーム です。
もともと70坪を超える大きな家だったのですが、完全分離の二世帯住宅にするにあたって、「減築」「増築」「バリアフリーリフォーム」「耐震補強」等をおこなう大掛かりな仕事になりました。

矢野口の家before01
元々の佇まい

矢野口の家before02
工事開始直前の姿

矢野口の家after02
竣工後

元々の家は数回の増改築を経て、構造だけではなく使い勝手や光の入り方などいろいろな問題を抱えていました。
また周りの敷地の使い方も含めて再検討しようという中で計画が進んでゆきました。

話をきいているだけでも数回の増改築・リフォームを経験し、最も古い元々の家の事を聞くとかなり古い家というのがわかりました。いっそうのこと新築にしようかという話もありましたが、求めている面積と予算を考えるとリフォームにしようということでスケルトンリフォームになった経緯があります。

光を遮っていた和室部分を減築し、親世帯で使う部分を平屋で増築し、段差ができていた屋根を整理して、基礎の補強を施し、それぞれの世帯が住みやすく、かつ今までの骨格を活かしながらプランを検討してゆきました。

ここでずっと住まわれていた施主さまのこうしてほしいという要望は切実なものもあります。
そういったものをよく聞き取って、改善してゆく。その中に新しいものを組み込んでゆく。

既存が有るからこその解決方法を考える。これがこの家で考えたことです。

(有)菰田建築設計事務所 菰田真志+菰田晶
HP http://www.archi-komo.co.jp

著者情報

菰田 真志 + 菰田 晶菰田 真志 + 菰田 晶

菰田 真志 + 菰田 晶 こもだまさし こもだあき

有限会社 菰田建築設計事務所

毎日を心地よく機能的に暮らせる建物。 街に調和しながら趣のある建物。 思わずニンマリ微笑んでしまう建物。 わくわくする建物。 そんな建物を生活スタイルや価値観を伺いながらひとつひとつ創ってゆきます。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...