準防火地域でも住宅建物の外壁軒天井に貼れる防火木材の家-チャネルオリジナル

建築家31会は、来たる5月12日(土)10:30〜、下記のテーマで設計者本人と材料納入会社様とのトークショーを行います。

外壁に防火木材

住宅のイメージを左右して、工事費にも大きく影響する外壁材。知っておくと便利な外壁材の種類と選定方法。

さらに木材(防火木材)を使った外壁の可能性についてお話しします。

1.外壁材の種類と特徴・・・木材、左官、金属、タイル、サイデイング
2.外壁木材の種類と特徴(経年変化、手入れ、塩害、費用など)・・・レッドシダー、カラマツ、檜木、焼き杉など
3.レッドシダーの種類と特徴(法規、形状、塗装、手入れ、費用など)
4.事例紹介・・・独立した二世帯が暮らす家、光と色と音の集積の家、室内化したテラスを持つ家

写真は、準防火地域に建つ木造3階建ての二世帯住宅で、外壁材には、ガルバリウム鋼板のサイデイングと窯業系のサイデイングに加えて準防火地域の外壁に使える木材である「防火木材」を使っています。

工業的な材料であるサイデイングに自然な風合いのある「防火木材」を組み合わせることで、人工的でクールになりがちな建物に優しい印象を与え、ベンチのと小庭のある玄関アプローチ周りに柔らかな雰囲気を作っています。

石井正博+近藤民子 × チャネルオリジナル

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...