コンパクトな家に大きな出窓をつけて広がりをつくる工夫 @滝川淳

平屋のスモールハウス

母屋から数メートルの場所に建つ80代夫婦のための離れです。生活のすべてを共有するには母屋だけでは狭く、かといって離れにお風呂、キッチンをしっかりとつくるほどには広くしたくない、というご要望でした。寝室、バリアフリートイレ、6畳ほどの居間にシンクだけのミニキッチンを付属した、コンパクトな終の棲家としました。

計画の途中で、ご近所づきあいの楽しい話を聞きました。「古くからの知り合いになると、家の裏側、勝手口側に入ってきて、こんにちは、なんてことは普通ですよ。」携帯で連絡するでもない、居間でくつろいでいたら突然庭先から挨拶されるわけですから驚きもしましたが、何て素晴らしいご近所づきあいなんだろうと感激もしました。そこでこの関係を計画にも反映してみました。

出窓、掘りごたつ

家全体をコンパクトにしながら、広がり感を出す方法はいくつかあります。天井を高くする、掃き出し窓の先にデッキテラスを設ける、など。こちらの離れでは、さらに大きな出窓を作ってみました。出窓の窓台になる部分はベンチとして使えるように40センチぐらいとし、ひとが出窓に座っても(こどもであれば寝転んでも!)十分な大きさとしました。
そうです!この出窓におばあちゃんが座ってくつろいでいたら、庭先をテクテクと歩いてくるご近所さんが見えて、窓を開けてこんにちは!という景色を想像したのです。ご近所さんといえども、靴を脱いで家の中に上がるのは抵抗があるでしょう。かといってコンパクトな家に広い土間を設けることもできないので、出窓をコミニケーションの接点の場としたのです。ここまで積極的な機能がある出窓も、そうそうないでしょう。
またこの住まいでは、建具、巾木、手すり、建具枠といった木製の部材を統一してロシアンバーチ合板を使うことで統一感を出しています。ご高齢の夫婦なので、木の雰囲気は少し多めです。出窓の枠には四方にロシアンバーチを回しています。
このような工夫をすることで、コンパクトながらも広がり感とスッキリ感のあるお部屋をつくることができます。

著者情報

滝川 淳 + 標 由理滝川 淳 + 標 由理

滝川 淳 + 標 由理 たきかわ あつし

コネクト 一級建築士事務所

「つなぐ、つながる」家族(人)の活動する風景をデザインします。 現在の環境は自由ですか?私たちは親世帯、子供世帯、パートナー、仕事、趣味、隣人に対する不自由な思いから、まだ見ぬあなたの自由の思いを形にします。「つなぐ、つながる」(CONNECT)をコンセプトに長く愛され、次の世代に引き継がれる環境を提供いたします。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...