中断蹉跌計画となったリゾートマンションプロジェクトの設計図

今回ご紹介するのは、コンペではなく、実際に工事を前提に設計が進んでいた案件です。ゴルフ場に隣接した敷地に計画されたリゾートマンションで、コースの緑を借景とした横長のフォルムは、あたかもクラブハウスをイメージさせます。敷地内は濃密な庭作りを行い、外部空間と一体となった豊かな室内を目指しました。

3DKARU001

 

3DKARU002

当時、独立して間もなかった事もあり、この計画を進めるにあたり株式会社にするなど、仕事を進める上での大きな転換点になったプロジェクトでした。

お客様の夢を形にするために、多くの打合せと計画の更新を重ね、設計をまとめきる所まで辿り着き、着工への準備は順調に進んでいました。

ところが、最終的な工事契約の段になり、ご要望と予算の乖離や、計画そのものの難しさなども重なり、最終的にはお客様の都合により、プロジェクトが止まってしまいました。

この計画には相当なエネルギーを注いでいたため、中止はとても厳しいものでした。パートナーを組んで貰った設計チームの方々にも多大なご迷惑をかける事にもなりました。今も忘れる事が出来ない、2月26日の事でした・・・。

その後、残された諸々のゴタゴタもようやく片付き、実現していれば、恐らく代表作になったであろうと思うこの案件も、ようやく落ち着いて振り返る事が出来る様になりました。困難な事ばかりであったかと云うと、そうでは無く、楽しい事もあり、いろんな意味で勉強になったと感じます。

いつかはこれを上回るものを作ってみたい・・・・と、思い描く次第です。

石川利治
3*D空間創考舎一級建築士事務所

著者情報

石川 利治石川 利治

石川 利治 いしかわ としはる

3*D空間創考舎一級建築士事務所

お客様にとって「快適で上質な空間」をお話をしながら、 きめ細かく建築に盛り込みます。コミュニケーションを大切にし、 技術力と感性の統合を行い、最適なご提案を致します。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)8/23 松原のスパイラルハウス @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「松原のスパイラルハウス」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。     私鉄線路脇の敷地。 ふとした瞬間にそこにある電車の往来の光景を、 光と音による「スピード(=今この瞬間の時間)」のスペクタクルとしてポジティブに捉えて、 そのエネルギーを「位置エネルギー」として住宅内に保存すべく、空間構成をスタディした。 自然光が射す明る...