外人向け賃貸用の西洋館風デザイン住宅にリフォームリノベーション

今週のばとろぐを担当するギルドデザイン一級建築士事務所の磯村です。

今回は、事務所としても珍しいデザインのリフォームのお話です。

「風見鶏のある家」

DSC_0002

風見鶏のある家は、横浜山手の外れに建つ洋館風に造られた住宅で、今回は、建物を購入した会社からの依頼で、外人向け賃貸住宅とすることを目的にしたリノベーションです。

建物自体が、かなり傷んでいるのをうけてのスケルトンリフォームですが、基本的に大きな間取り変更はせず、内外装材の見直し、キッチンや設備関係の充実などの性能アップとともに、山手地区らしい内外のデザインを図っています。

P2131614左が既存外観です。サッシに傷んでいるものが多く、デザイン的にも、そぐわないものがあったので、かなり取替をしています。

また、外壁のやり直しとともに断熱工事も加えています。

 

 

IMG_4769

 

 

 

 

 

 

けっこう予算を喰ってしまったのが、ジャッキアップ工事でした。

山手の中腹に建つこの建物は、盛土の上に建てられていたようで、明らかに傾いているのがわかる状態でした。

基礎の補強と共に、建物の傾きをジャックアップで持ちあげています。

P2131647 P2131625

キッチンコンロはかなり魅力的でしたが、キッチン自体が古く、無駄に広いダイニングキッチンを間取り変更して、キッチン+パントリーに造りかえています。

右の写真はリビングですが、サッシに趣がないために洋館風に取り替えることとしました。

DSC_0014

新しいキッチンは、アイランドの作業カウンターのあるコの字型で、イケアのキッチンをカウンターだけ自然石に変えたものとしています。写真はダイニングからの様子で、右手のドアの先がリビングとなります。

DSC_0005

リビングでは、もともとの床をクリーニングで活かしていますが、正面にレンガを張り、クロスなどの内装変更に加え、窓廻りを樹脂サッシとして断熱性を高めるとともに、洋館風の雰囲気を作っています。

P2131627   P2131689

 

既存には、アーチ型の窓があり、できれば残したかったのですが、古い木製窓で、開かないところや隙間の開いてる部分があり、再導入はコスト的にあきらめたところです。

DSC_0047

メインベッドルームの写真です。

アーチ窓はつけませんでしたが、雰囲気は少し残ったでしょうか。左のガラス収納は、イケアの商品をはめ込んでいます。

DSC_0039DSC_0098水廻りも、全面リフォームしています。

ふたつあるレストルームは、タイルや石による内装変更、機器類の取替をして、見違えるように変わりました。

廊下などは、既存ドアにリブを付けて塗り直しをし、床をクリーニングのみ、クロスを変えただけですが、暗い雰囲気だった既存が、明るくよみがえりました。

玄関ドアは、やり替えています。ちょっと北欧調な感じに、かわいらしくまとまりました。

「風見鶏のある家」の竣工写真や現場の様子は、ギルドデザインのHPからご覧いただけます。
竣工写真はこちらから。 
http://www.guild-design.com/works_w/house_with_weathercock/

現場の様子はこちらから。
http://www.guild-design.com/category/仕事/エムズ・ガーデンⅡ/

DSC_0075

磯村一司+政本邦彦
ギルド・デザイン一級建築士事務所

「リフォームリノベーション」関連解説記事

「屋根外装」関連解説記事

磯村一司+政本邦彦  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

海の景色 森の香り と 建築家 展 開催のお知らせ

海や山の自然の環境での建築、リゾートや二拠点、別荘、移住などのライフスタイルに精通する建築家7人が集まり、分科会「海の景色 森の香り with建築家」の活動を始めることになりました。 第1回目のイベントは、夏のリゾート、軽井沢の地で開催いたします。 建築家が設計し、実際に建った住宅の模型や写真を見ながら、あなただけのライフスタイルを実現するためのアドバイスをいたします。 当日は会場に複数の建築家が滞在しています。お気軽に声を掛けていただき、何なりとご相談ください。入場・当日の相...