愛犬と暮らすための家くつろぎ空間住宅リフォーム耐震断熱

最近、リフォームについては、雑誌での取扱も増えていますし、住いについてお考えの皆さんのなかにも、リフォームをお考えの方も多いことと思います。ギルドデザインでも、ここ3年くらいの仕事ではリフォーム事例が全体の1/3くらいになるほど急増しています。

いくつかの事例をとおして、リフォームでの家づくりをお考えの皆さんに、考えておいていただきたいこと、参考にしていただきたいことをお伝えできればうれしいです。

最初は、築10年ほどの木造住宅を購入されて、ご自分たちの生活スタイルや好みに全面リフォームして暮らしたいという方の事例です。

「わんこと暮らす家」

愛犬との暮らしを考えながら、LDKを1階から2階へ移し、既存の小屋組を活かすことで、広々としたワンルームタイプのくつろぎ空間を作った事例です。

_DSC0083

築年数の古い家のスケルトンリフォームでは、耐震や断熱補強の必要性や、解体をしてみないとわからない問題点がよくあるということは、皆さんも聞いていることと思います。

この事例は、もとの家が築10年ほどのまだ新しい建物でしたから、構造的には問題は少ないかと思っていましたが、耐震補強となる筋違は、それなりにあるものの、固定の仕方が古い形で強度不足、断熱材は入っているものの、隙間が多く湿気対策ができていないので、内部にカビの発生がみられました。

P1050014

グラスウール断熱材の黒くなっているところがカビで、ダクトの貫通部だけでなく、シートに穴の空いているところでは、湿気が入り結露からカビの発生がいたるところで見られました。

筋違は、柱の足下に固定するのが原則です。間柱の足下では、十分に力を伝えなれません。

P1050049

これも良くあるはなしですが、雨漏りの跡です。仕上がっている状態ではわからなくても、下地材を出してみると見つかることが多いです。このお宅でも、屋根、窓廻りに数カ所みつまりました。

設計をする場合には、一部仕上を取らせていただき、内部の様子をみせていただきますが、工事がはじまってからでないと見えない部分が大半です。
その修正による費用や工事時間をある程度見ておく余裕が必要です。

「わんこと暮らす家」の現場の様子はこちらからどうぞ

 

磯村一司+政本邦彦
ギルド・デザイン一級建築士事務所

「ペット」関連解説記事

「内装」関連解説記事

磯村一司+政本邦彦  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...