設計事務所を選ぶ方法:建築家本人に会って話して相性を試す

今週バトログ担当の菰田建築設計事務所の菰田真志です。

最近一般の方々と話をしている中でよく聞かれることがあります。そんなことを書いてみようと思います。

よく家を建てるという話をしている中で、設計事務所が選択肢としてあるのは判っているけど、どこに頼んだらいいか判らないという話が出ます。

確かにその通りだと思います。

ネットで調べても、いろいろな情報が入ってきますし、設計事務所をさがしても本当にたくさんの事務所が存在します。
事務所ごとにいいと言っていることも違っていたり、研究熱心でいろいろと調べる方であればあるほど判らなくなることもあるようです。
そういう方と話をしていると、何を根拠に決めればいいのか判らないというのももっともだと思います。

そんなの時にはこんな話をさせて頂いています。

「気になる設計事務所があったら、まずは会ってみたら如何ですか?」

「正直に、いろいろ迷っているけれども兎に角会って話を聞きたいと言って嫌がる事務所は少ないと思いますよ。一度ならず会って話をしてみて、作っている建物の好き嫌いだけではなく、設計の進め方、家に対するの考え方や設計者のひととなりなどもご自分に合っているのかどうか確かめてみたらいかがですか?」

「事務所によって本当に違います。事務所の数だけやり方があると言ってもいいかもしれません。これは建主さんからみてもそうですが、設計事務所にとっても同じことが言えるんですよ。建主さんは毎回必ず違います。同じ建物がよかったと言って訪ねてきても全く違うんです。」

「設計を始めると最低1年かかります。基本設計-実施設計-見積-確認申請-工事監理と順調にすすんでいっても1年以上かかるものです。」

「正直にいいましょうか。1年かかって進めてゆくのは大変な作業です。我々は様々な条件の中から組み上げてこれがBESTだとおもうことを色々提案しますが、最終決定をするのは建主さんです。決断の連続です。設計段階での打ち合わせも多いです。そんな1年をキライなひと(設計者)とやるのは嫌でしょ?それは我々も嫌なんです。つらいんですよね。」

「なので、設計している建物が好きとかではなくてほんとうにお互いの相性がどうなのかということは大切なのです。」

「だから、一度と言わず会ってみてください。家の話だけではなくて、趣味や生活スタイル、仕事の話、子供の話、将来の話など雑談的な話も含めていろいろ話してみてください。その上で嫌だったら断ってもいいと思いますよ。」

こんな話をさせていただいております。

なかなか直接連絡をとって会いにくのは億劫かもしれません。でも家づくりはお金も時間もかかる大事業ですから、是非会ってみてください。
それでも直接会いに行くのが気後れするようでしたら、31会のイベントのような設計者自らが事務所の外に出てくるイベントに来てみてはいかがでしょうか。いろんな設計者に直接会えるチャンスです。そこで気になった人と次はじっくり会ってみるのもいいかもしれません。

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

「建築家の役割」関連解説記事

菰田真志+菰田晶  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...