住まいのリフォーム住宅設計増加とワンガリ・マ―タイ氏の「もったいない」

ざっくりですが、住まいのリフォームを考える方々が、
増えているように思います。
私自身なぜか縁あって、ここ最近リフォーム設計が
続いています。

まず、大前提として
生み出された建物や空間を大切に使う。
もし、不備があるとしたら手を入れ、直して使う。
可能な工夫をほどこすことで、住まいがより楽しく
快適になるのだとしたら嬉しい。大賛成です。

さて、直して使うというからには、動機が必要。
断熱性や耐震性など、性能に不安があって直したい..
壊して新築するより、少々経済的かも..
その住まいに、とても愛着があって住み続けたい..
壊して新築することが、なぜか難しい状況にあったり..
きっと理由は様々ですね。

20151026_2
◆リフォーム住宅【多摩の広がる家】改築前&改築後

数年前に他界された、ノーベル平和賞受賞者
ケニヤ出身のワンガリ・マ―タイ氏が大切にした言葉は、
なんと日本の「もったいない」でした。
使い捨て、無駄遣いはもったいない。
さらに、人の勇気や志しを活かせないことは、
もったいないことだ等々。
つまり「もったいない」を考えることは、
最終的に地球全体の環境と、幸せを考えることに
繋がるとのこと。

実は、彼女の著作を読む機会があったのち、
自身でも、しばらく「もったいない」という言葉を
すごく使うようになりました。
影響されやすい私。笑
多分長年思っていたことが、ふに落ちたのだと思います。

その建物を活用しなかったら「もったいない」..
あの柱梁を活かせないとしたら「もったいない」..
リフォームの動機で「もったいない」を考えたり、
話したりしている自分に、気が付いたのでした。
そして逆に、
リフォーム設計でなく、新築の設計においては、
のちのち手放すことが「もったいない」と思える空間を
構想し、提案したい、と
以前より強く思うようになったと、感じています。

「もったいない」を、もう一度考えてみませんか?

20151026_1
◆「もったいない」マガジンハウス 発行(オススメです)
◆「モッタイナイで地球は緑になる」木楽舎 発行

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...