今日は福岡に、戸建のリフォーム現場より。@南部健太郎

 

今年の春からスタートしている「福岡今宿の家」のリフォームもだいぶ形になってきました。

この物件は、天神と糸島のちょうど中間あたりの海を望むすばらしい土地にたっていた住宅を

リノベしてセカンドハウスとして使う計画ということで、

急がないということもあり、ひとつずつの工程を決定した順に工事をしていくという贅沢なスケジュールで施工しております。

通常は引越しの問題やローンの問題など色々あり、先に内容をイメージして決定してから工事するわけですが、

どうしても、架空のことですからお客様にしてみれば内装のイメージがわかないですし、

使い方のイメージもわかないわけです。

今回は特に異例の進め方ではありますが、他の物件でも

私どもでは、できるだけ工事の各工程になるまで

器具や細かい位置や色や模様、仕様などを施工業者さんに相談して

できるだけ着工してからギリギリまで待ってもらってから最終決定させてもらっています。

 

ark-2013-1120-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、吹き抜けに改装した部分に1F&2Fともに

大きなFIX窓を入れたところです。外に裏山の緑が見えます!

ark-2013-1120-2

 

 

 

 

 

 

こちらの窓からは海が一望です!

左の大きなFIXは今回新たに足したものです。

南部健太郎
AR.K一級建築士事務所

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...