木造注文住宅でもリビングから見えるキャンティ片持ち板階段ステップを設けたい

住宅の階段を何処に設けるかによって、その形式やデザインの考え方が大きく変わってきます。

近年、リビングルームの上の階にベッドルームや子供室を設け、階段はリビングルーム内にあって、上の階への出入りが常に把握出来る、という考え方が比較的多いように思います。

その場合、一番多くの時間を過ごすリビングダイニングから階段そのものも常に見えることになる為、そのデザイン(姿や素材)がより重要になります。

そのような時の一つの方向として、階段の存在を軽くシンプルにしたい、だから必要最小限の要素で考えたい という欲求から、踏み板が一段ずつ独立して壁に取り付いているだけという、キャンティ階段(片持ち階段)が選択肢として浮上します。

建物も階段もコンクリート構造の場合はシームレスに一体化させることで難なく出来るのですが、本体が木造の場合は慎重に事を進める必要がありますし、コストもかかる為、実現化するケースはそう多くはありません。

写真は現在進行中の現場写真ですが、踏み板には16ミリ厚の鉄板を使い、壁から持ち出して木で化粧カバーしています。

壁から離れたところを踏めば踏むほど階段がたわむわけですが、今回は体重70キロほどの人が先端を踏んだ時、大体5ミリほどたわみます。

従って、段の木のカバーは壁との間に少し隙間を設ける様にしています。

%e7%b8%ae%e5%b0%8fimg_8361%e7%b8%ae%e5%b0%8fimg_8498

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...