東日本大震災から5年@髙野洋平

本日は3月11日、東日本大震災が起きた日です。

あれから5年、震災関連の報道がされ記憶が呼び戻されます。未だに避難生活をされている方が多い事や、住居の建設も必要数の半分程しか進まない人手不足。街の活力の源だった工場を必死に再可動させても働き手が集まらないなど、お金や物資だけではない問題の根深さと復興の難しさを改めて感じました。

5年も経って出来ていない事が多すぎるなのか、まだ始まったばかりの復興5年目なのか、特に福島原発からの放射能汚染は世界最悪のレベル7を記録している中で、土壌の洗浄や廃炉、代替エネルギー問題などへの取り組みは世界から注目されています。廃炉などは調査する為のロボットの開発からしているわけですからどれだけ困難で時間のかかる問題なのか、誰にも経験のないことに向かう様々な分野の研究者、技術者には頑張って欲しいと思います。

被災から地震予知の研究者を目指す若者の記事も目にしたのですが、今日は果てしない道に見えてもあるとき劇的な進歩を生み出せるのが人間だと思います。是非大きな研究の進歩に貢献してください。

東京に居ていえる理想のようにも思いますがそんなことを考えた一日でした。

 

高野洋平
高野洋平建築設計事務所

高野洋平  ばとろぐ記事

著者情報

髙野 洋平髙野 洋平

髙野 洋平 こうの ようへい

髙野洋平建築設計事務所 一級建築士事務所

敷地の良い所を見つけて環境の良い住まいを創りましょう。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...