東日本大震災から5年@髙野洋平

本日は3月11日、東日本大震災が起きた日です。

あれから5年、震災関連の報道がされ記憶が呼び戻されます。未だに避難生活をされている方が多い事や、住居の建設も必要数の半分程しか進まない人手不足。街の活力の源だった工場を必死に再可動させても働き手が集まらないなど、お金や物資だけではない問題の根深さと復興の難しさを改めて感じました。

5年も経って出来ていない事が多すぎるなのか、まだ始まったばかりの復興5年目なのか、特に福島原発からの放射能汚染は世界最悪のレベル7を記録している中で、土壌の洗浄や廃炉、代替エネルギー問題などへの取り組みは世界から注目されています。廃炉などは調査する為のロボットの開発からしているわけですからどれだけ困難で時間のかかる問題なのか、誰にも経験のないことに向かう様々な分野の研究者、技術者には頑張って欲しいと思います。

被災から地震予知の研究者を目指す若者の記事も目にしたのですが、今日は果てしない道に見えてもあるとき劇的な進歩を生み出せるのが人間だと思います。是非大きな研究の進歩に貢献してください。

東京に居ていえる理想のようにも思いますがそんなことを考えた一日でした。

 

高野洋平
高野洋平建築設計事務所

高野洋平  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...