2拠点生活と軽井沢の仕事場 @南部健太郎

今週の「ばとろぐ」担当の南部です。

最近では、私たち建築家の携わった住宅も

皆さんに目にしてもらう機会もだいぶ増えたと思いますので、

作品だけでない仕事のことを見てもらえたらと思います。

 

私の事務所では、新築の戸建住宅や別荘、マンション&戸建てのリノベという住まいの仕事を主にやらせていただいております。

そこで、

日々思っているのは、自分たちも心地の良い時間や空間で過ごす体験がとても重要だということです。

もちろん、専門知識や技術、アイデアも重要ではありますが

その前に、どんな空間を作ればよいのか?どんな環境でお客様に過ごしてもらいたいか?

それには、机で勉強するのではなく体感しないといけないということだと。感じています。

と、

そんな言い訳しながら、うちでは数年前から軽井沢にセカンドハウスを持ち二拠点の生活を始めています。

新幹線に乗れば1時間ちょっとという距離がほどよいのと、

自然環境と東京のような生活環境が整っているので、いい気分転換になっております。

https://sumaiweb.jp/archives/author/nambukentarou

小さな小屋ですが、

一部屋を仕事用に使えるようにしていますが、窓の外の緑を眺めながらスケッチなどしております。

私たち、建築家は、設計した図面をたんに書くだけでなく、想像力を鍛える日々を送ることも重要です。

そこが、建築家とたんに図面を書くだけの設計作業員との違いだとも思っております。

南部健太郎
AR.K一級建築士事務所

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...