31人展でスタートした「1.5世帯住宅」リフォームを取材していただきました。@南部健太郎

31人展でスタートさせていただいた戸建リフォームが年末に完成し

早速雑誌の取材をさせていただきました。

こちらは、親族で大事に住み継いでこられたご実家なのですが

2Fを賃貸にしたり、3世代で住んだりと・・・・

その都度、リフォームを重ねてこられました。

親族にとってもなくてはならない集まれる場所でもあるようです。

今回は、

以前のイメージは残しつつお母様と息子夫婦の3人ということで

2世帯住宅ではなく、

キッチンやバスルームを1つずつにした1.5世帯住宅に

することで、より親密にすごせる

ちょっと今流行のシェアハウスのような構成になっております。

 

senzoku-house-03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2Fは

天井も抜いてロフトまでの吹抜けにし、

プランを大胆に変更することで廊下をなくし、風通しの良い明るく広いリビングになりました。

丸太梁の下の高さが、以前の天井です。

詳しくは、こちらのブログをごらんください。AR.Kブログ

@南部健太郎

 

 

 

 

 

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...