木造2階建て賃貸アパートを満室にする設計工夫

満室を目指す工夫

東急東横線 中目黒駅に近い閑静な住宅街で計画された木造2階建て賃貸アパートで、大家さんとなる建て主様は、いかに満室になるかを検討しました。

建物は総2階建て(上下の形が同じ)で、多様な需要に順応出来るように、1階と2階の住戸タイプを変えて、1階をワンルームタイプ、2階を1LDKタイプにされました。

そのうち2階の住戸は、30m2強の専有面積を確保出来ました。そして周辺の同面積規模の賃貸物件と差別化するための工夫を施しました。

 →関連記事「木造2階建て賃貸アパートの住戸面積と間取りプラン」

吹抜けの住戸

2階の住戸の上側は、屋根が掛かっているだけです。そこで、通常の高さ2.4メートルくらいの天井を貼らずに、屋根裏までを開放して吹抜けにしました。すると梁が現れて、屋根裏面に設けた天窓トップライトの彩光で、昼間は照明が要らないくらい明るい住戸になれました。

木造賃貸アパート吹抜けリビング

専有面積は同じでもたっぷりの容積となり、近隣周辺の同規模物件との比較競争で、選ばれる住戸物件となるように工夫されました。

 →関連記事「木造賃貸アパートの2階を吹き抜けトップライトにして広く見せる工夫差別化」

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...