防火地域に建つ木造耐火建築物の工事費用坪単価―立川のロフト付アパート併用住宅

木造耐火建築物

JR立川駅至近に建つ木造2階建てロフト付アパート併用住宅の敷地は、都市計画法上で防火地域という建物密集地域なので、建物の防火対策をしっかりと施すよう規制を受ける場所にあり、その規制から耐火建築物にしなければなりませんでした。

構造が鉄筋コンクリート造(RC造)であれば、その規制をそれだけでクリア出来ますが、予算費用を抑制させるさせるために木造で計画する必要がありました。木造でもRC造と同じ耐火性能が求められる、立川市でも初の「木造耐火建築物」になりました。

 → 関連解説記事「防火地域に木造耐火建築物」

工事費 坪単価の比較

2〜3階建て程度の建物で、鉄筋コンクリート造と木造耐火建築物の工事費の坪単価を比較すると、想定ですが、

・鉄筋コンクリート造・・・120〜150万円/坪
・木造耐火建築物・・・・・90〜110万円/坪
(既存建物除去・杭・外構・設計料を除く)

となります。2〜3階建ての規模であれば、木造耐火建築物の方が、30〜50万円/坪 費用を抑えることが出来ると想定しています。

150623-木造耐火建築物-修了証

木造耐火建築物では、木の柱や梁や床組等を火災の熱から避けるために、分厚い石膏ボードを多重に貼付けます。一級建築士免許とは別に、耐火建築設計と施工をするための免許を新たに取得して出来る建物です。

鉄筋コンクリート造と比べて、木造耐火建築物は重量も軽いので、杭もしくは地盤改良の費用も抑制出来ます。

北島俊嗣
北島建築設計事務所

 

− 最新イベント情報 −

建築家サロン in 自由が丘 9th 9/28(土)・9/29(日) 開催のお知らせ

建築家サロン in 自由が丘 9th 9/28(土)・9/29(日)を開催いたします。 「建築家に相談するのは敷居が高いと思っていませんか?」 を合言葉に、建築家31会のメンバーがはじめた建築家サロン in 自由が丘。 今回は10組の建築家がご来場の方のご相談を直接お受け致します。 具体的なご相談はもちろん、まずは建築家と話をしてみたい、建築家の事例を見てみたい方など、まずは足を運んでみてください。 お茶でも楽しみながら、自由が丘のサロンでお話ししましょう。 ...