出窓のススメ @ 小林眞人

一定の条件を満たした『出窓』は床面積に含まれないという規定があります。

建ぺい率や延床面積の制限が厳しいときには、この『出窓』を上手に利用する

ことによってより快適な住まいづくりが可能になります。

一定の条件とは

  • 下端が床面から30センチ以上であること
  • 周囲の外壁から水平距離50センチ以上突き出ていないこと
  • 見つけ面積の1/2以上が窓であること

 

 

 

 

 

 

 

そこでこの図の様にすることがあるのですが

出窓高さをデスクの高さにして、出窓の奥行き30センチ
屋内に30センチ跳ね出すと60センチのデスクが出来上がります
また、見つけ面積の半分以内であれば出窓部分を図の様に本箱にすることも

できるので   30センチ床面積を得したことになりませんか!!

 

 

 

 

 

 

 

事例① 大岡山S邸

  

長―いデスクは家族4人が並んで勉強したい ってリクエストから設えました

事例② 狛江 出窓の家

  

出窓の家 というタイトルをつけた2世帯住宅で
2階には3つの部屋にまたがる大きな出窓を設けました

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...