「建築知識 2014.8月号」住宅事例掲載 @石井正博+近藤民子

建築知識8月号 (エクスナレッジ2014.7発売)にアーキプレイスの住宅事例が紹介されました。

「9割の設計者がスゴイと思う間取りのワザ」という住宅の間取りの特集で、木立に佇む家』『庭に向かった家』『空と暮らす家(スキップフロア)』『阿佐ヶ谷の家』『ときどき電車の見える家』の13の間取りの工夫が紹介されています。アーキプレイスでは、写真提供と執筆協力もしています。

書店(建築書籍コーナー)で見かけましたら、是非お手に取ってご覧ください。

P1150671

木立に佇む家・・・・敷地に対する建物の配置のしかた。外部との関係のもたせかた。洗面室・浴室・トイレ・家事室の位置。

庭に向かった家』・・・・外構のタイプ別対処法。駐車場の配置の考えかた。キッチンの配置のしかた。洗面室・浴室・トイレの配置。ウォークインクロゼットの場所。

空と暮らす家(スキップフロア)・・・駐車場の配置の考えかた。LDKのつなげかた。

阿佐ヶ谷の家・・・玄関収納の考えかた。

ときどき電車の見える家』・・・玄関収納の考えかた。ウォークインクロゼットの場所。

>>設計事務所アーキプレイス WEB

>>ARCHIPLACE BLOG

著者情報

石井 正博 + 近藤 民子石井 正博 + 近藤 民子

石井 正博 + 近藤 民子 いしいまさひろ こんどうたみこ

設計事務所アーキプレイス

「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマに、暮らしやすさ(温熱環境・家事動線・収納計画など)、デザイン、コストのバランスのとれた質の高い家づくりを建て主の方と一緒にめざします。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)8/23 松原のスパイラルハウス @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「松原のスパイラルハウス」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。     私鉄線路脇の敷地。 ふとした瞬間にそこにある電車の往来の光景を、 光と音による「スピード(=今この瞬間の時間)」のスペクタクルとしてポジティブに捉えて、 そのエネルギーを「位置エネルギー」として住宅内に保存すべく、空間構成をスタディした。 自然光が射す明る...