玄関内部に自転車置場がある山見の家がスーモマガジン自転車と快適な家に掲載

SUUMO01

自転車と快適な家

子供たちが連れだって、自転車で遊びに行く風情。。
子供を乗せ、電動アシスト自転車で移動するお母さん。。
軽やかなロードバイクで、気持ちよく走る皆さま。。
自転車のある風景は、身近で親近感がわきます。

移動手段としても、趣味や遊びとしても、
エコライフにかかせない自転車のある暮らしは、
ちょっと懐かしくもあり、きっとまだまだ進化します。
住まいや暮らしの一部として、
自転車が上手に取り入れられると嬉しいですね。

例えば、自転車と住まいの関係について
◆自転車が快適な家は、玄関まわりがポイント。
◆置き場所は玄関の近く、必要なスペースは畳1枚分。
◆家の中に置くなら、玄関まわりにひと工夫を。
◆玄関まわりのゆとり空間で、多様な使い方を!等々

スーモマガジン様の取材を受け
以前に設計した個人住宅「山見の家」を実例として
置き場所、出し入れ、メンテナンスなど
楽しく自転車が扱えるコツを、お話させて頂きました。

【SUUMOマガジン「自転車と快適な家」
RECRUIT編 広島版 2016年5月25日発行】
首都圏での入手はちょっと難しいのですが
掲載内容だけでなく、設計時のエピソードや、
誰もが活かせる目からうろこ?アイディアなど
気になることがございましたら
古川都市建築計画 古川達也まで
気軽におたずね下さい!

参考
住まいで趣味を楽しむ「自転車」
住まいのまわり「サイクルガレージ」

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

SUUMO02

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...