建築知識4月号 住まいの事例掲載 @石井正博+近藤民子

建築知識4月号(エクスナレッジ2014.3発売)「センスを磨く! 高さ寸法のルール150」に、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計・監理しました住まいの事例が6つ掲載されました。

建築知識2014.4月号s

庭に向かった家』・・・・・・・水廻りの床レベルをそろえてゾーニングを明確に

高窓の家』・・・・・・・・・・キッチンの隣を階段にするメリットはたくさんある

5層なのに3階建ての家』・・・玄関土間に階段を設置して空間を有効利用する

猫と暮らす中庭のある家』・・・小上りの和室を落ち着きのある寝室にする方法
・・・高さ1400の納戸をオーバーハングさせて駐輪場に有効利用

ときどき電車の見える家』・・・子供専用のクロゼットはたたんでしまえる造り付けの棚がよい

>>設計事務所アーキプレイス WEB
>>ARCHIPLACE BLOG

著者情報

石井 正博 + 近藤 民子石井 正博 + 近藤 民子

石井 正博 + 近藤 民子 いしいまさひろ こんどうたみこ

設計事務所アーキプレイス

「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマに、暮らしやすさ(温熱環境・家事動線・収納計画など)、デザイン、コストのバランスのとれた質の高い家づくりを建て主の方と一緒にめざします。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...