リビング吹抜けに面するロフトのある暮らし@古川達也


撮影:塚本浩史

リビング吹抜けに面するロフトのある暮らし

家づくりにおいて、法的土地の制約等から決まった屋根
の勾配をフル活用。2階リビングダイニングのさらに上、
キッチン上部にロフト空間(小屋裏収納)を設けました。
設計当初、比較的コンパクトな住まい全体において、
普段あまり使わない物などを収納するまとまった
スペースがあると有り難い、という主旨でした。

住まいが竣工し、ご家族が暮らし始めてから気が付いた
ことがあります。適材適所、各所に収納を設けた住まい。
ご家族が上手に住まわれていることもありますが、
以外にも、差し迫ってロフトを埋め尽くすほどの荷物は
無いことが分かりました。

一方、ロフトは自然なかたちで活用されています。
低めの天井なので、子供たちの遊び道具置場になり、
子供たちが一番出入りするスペースになりました。
吹抜けを介してリビングを見下ろす視点場は、
子供たちにとってワクワクの秘密基地感覚。
とても楽しそうです。今後は手摺部分の空きもネット
等で安全対策を施すと良いかも。

夕暮れ時、多くの来客を招いた大人たちの酒宴が
はじまると、子供たちは時々大人に混じり酒の肴を
つまみつつ笑顔をふりまき、いつのまにか
ロフトに避難? 退屈することなく上から見下ろしては
時々人懐っこく話しかけてくれます。
ロフトの意外な効用。リビングの吹抜けに心地良い
コミュニケーションの間合いがありました。
@心地よい風と緑のある家

古川都市建築計画一級建築士事務所 古川達也

 


撮影:塚本浩史



撮影:古川達也

 

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選ぶことができる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

 

カテゴリー: 建築家の役割, 建築家ブログ”ばとろぐ”, 法規制, 注文住宅, 計画方針, 間取りプラン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です